« 西川耕蔵によばれた | トップページ | 【募集】史跡でまなぶ濃密な京都の歴史 »

2011.04.29

伏見徳川邸跡を推定し、桐野作人さんをお迎えする

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。どうかよろしくお願いいたします。

4月28日(木)あめときどき晴・曇

 午後から京都新聞文化センターの巡検。NHK大河ドラマ「江」がらみで、伏見城下町の徳川家康・秀忠邸跡を推定し、あるく。つまり江の家であり、千姫誕生地だから。

 京阪電車宇治線「観月橋」駅に集合して、「指月の岡」から乃木神社をへて、大手門跡にいたる。このルート上に候補地が2か所ある。集合のときは晴れだったのに、「指月の岡」あたりで降雨。

 ついでに見晴らしがいいのと、本丸直下だから明治天皇陵にもまいる。御香宮表門で解散。大手門遺構と伝承されるから。それが妥当か否かを受講者とああだこうだいいあう。

 夜は、関東から桐野作人さん上洛。京都新聞で高著の取材をうけられたあと、友人たちとお迎えし、洛中研究室で高説をたまわる。田中好子さん追悼のため、往時のキャンディーズ映像が背後に流れる。

|

« 西川耕蔵によばれた | トップページ | 【募集】史跡でまなぶ濃密な京都の歴史 »