« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011.04.30

室町時代の洛西有力寺院の高石垣を拝観した

Dcf_1082

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。どうかよろしくお願いいたします。

 仁木宏博士から教えていただいて、旧乙訓郡大原野村の勝持寺旧境内(京都市西京区大原野南春日町)の、15世紀後半(応仁の乱のころ)の高さ約3メートルの石築地を拝観にあがった。

 室町時代後期の石垣では、例ない高い石垣です。このあと城郭の発展にともないもっとすごい高石垣が登場します。その誕生過程をしる上で重要なものといえます。

 いろいろまなばせていただきました。思うこと大でした。感謝をこめまして。

 この石築地は高速道路建設にともない破壊されます。おしいです。

|

2011.04.29

【募集】史跡でまなぶ濃密な京都の歴史

史跡でまなぶ濃密な京都の歴史(第1期)のご案内

 京都の歴史を、史跡をあるきながら学ぶ講座です。ふだんあまりとりあげない場所へまいります。京都の歴史教養をふかめたい方むきです。

.

1.京都市中心部でもっとも古く人が住んだ場所はどこか―旧石器・縄文遺跡

  日時:2011年5月14日()午後1時、集合:阪急電車「西院」駅中央改札

.

2.北白川の縄文遺跡をあるく

  日時:2011年6月18日() 午後1時、集合:叡山電車「出町柳」駅改札

.

3.京都市中心部の弥生遺跡をあるく―烏丸綾小路遺跡など

  日時:2011年7月9日() 午後1時、集合:地下鉄「四条」駅改札

.

4.山科の旧石器・縄文・弥生遺跡をあるく―中臣遺跡など

  日時:2011年8月20日() 午後1時、集合:地下鉄「椥辻」駅改札

.

5. 田植えの痕跡がみつかった―内里八丁遺跡など

  日時:2011年9月10日() 午後0時45分、集合:京阪「八幡市」駅改札

.

講師:中村武生(歴史地理史学者、立命館大学など非常勤講師)

参加費:2,000円

定員:20名

予約要、メールアドレスへお申し込みください(shisekitai@nifty.com)

 1回ごとの参加にも応じます。

 健脚向き

 雨天決行

 第2期は10月から始まります。

|

伏見徳川邸跡を推定し、桐野作人さんをお迎えする

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。どうかよろしくお願いいたします。

4月28日(木)あめときどき晴・曇

 午後から京都新聞文化センターの巡検。NHK大河ドラマ「江」がらみで、伏見城下町の徳川家康・秀忠邸跡を推定し、あるく。つまり江の家であり、千姫誕生地だから。

 京阪電車宇治線「観月橋」駅に集合して、「指月の岡」から乃木神社をへて、大手門跡にいたる。このルート上に候補地が2か所ある。集合のときは晴れだったのに、「指月の岡」あたりで降雨。

 ついでに見晴らしがいいのと、本丸直下だから明治天皇陵にもまいる。御香宮表門で解散。大手門遺構と伝承されるから。それが妥当か否かを受講者とああだこうだいいあう。

 夜は、関東から桐野作人さん上洛。京都新聞で高著の取材をうけられたあと、友人たちとお迎えし、洛中研究室で高説をたまわる。田中好子さん追悼のため、往時のキャンディーズ映像が背後に流れる。

|

2011.04.28

西川耕蔵によばれた

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。どうかよろしくお願いいたします。

4/25(月)あめ

Dcf_1066_2 

 園城寺へ行った。

 たまたま西川耕蔵の碑に出会った。はずかしながら初めて。

 そのうちそのうちで放置してきた。今回も別の用事できたのに。

 こんなときに。よばれているぞ。エンディングちかし。

|

2011.04.26

中西裕樹さん、桐野作人さんから高著の恵贈をえた

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。どうかよろしくお願いいたします。

 以下の書籍を恵贈いただきました。

 一、中西裕樹さん(高槻市立しろあと歴史館)から。

   高槻市立しろあと歴史館編『城下町高槻のはじまり―信長・秀吉・家康の戦略―』(平成23年しろあと歴史館春季特別展)、同館、2011年3月

 一、桐野作人さん(歴史作家・歴史研究者)から。

   同氏著『江の生涯を歩く』(ベスト新書、2011年4月)

 感想を書かせていただくべきですが、時間がとれません。知らないことたくさんありました。とくに大河ドラマ「江」にかかわり、最近関心のふかい豊臣秀勝(羽柴小吉)について学ばせていただきました。ありがとうございました。記して感謝いたします。

|

2011.04.25

ふざけた天気になやんだ日

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。どうかよろしくお願いいたします。

 2011年4月24日(日)雨と晴になやまされた日

 平安京・京都研究集会があったのだが、奥さん病いなので欠席した。天気がおかしく、洗濯ものを入れたり出したりした。

 お昼から義母がきてくれたので、母子を任せて洛中研究室に移った。雷鳴のなか洛東山科郷を出たのに、烏丸三条で地上にあがると快晴だった。サギにあったようだった。

 夕方まで池田屋事件を執筆。少し進む。あと2回で連載終わる予定。

 夜はまたお嬢さんのおふろと寝かしつけ。寝ついた後、奥さん、病床だが夕食つくってくれる。

 奥さんの好みで「JIN」第2回をみた。「ありえない」を連発した。見ていないのですが、前回、佐久間象山の最期に龍馬がかかわったそうですね。元治元年6月初旬から8月初旬まで、すなわち池田屋事件・象山殺害・禁門の変のころ、龍馬は京都はおろか畿内にもいません。あ、どなたかがタイムスリップしたため、歴史が変わってしまったというオチですか。

|

2011.04.24

角倉氏の「御土居奉行御免」を考えた

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。どうかよろしくお願いいたします。

 2011年4月23日(土)

 御土居堀を考える講座。角倉与一の「御土居奉行(支配)御免」(解任)事情を考えた。

 解任の日は、寛政3年4月23日。そう、たまたま本日。偶然におどろき喜ぶ。新暦では、1791年5月25日ですが。

 いろいろ考えることが多かったが、まだまだ不十分だな。

 次回は5月8日(日)12時30分から、「東町奉行に変わって」です。

|

2011.04.21

田中好子さん死去

 田中好子さん死去の報に驚く。ながいあいだありがとうございました。心より。

|

2011.04.20

次回は法住寺殿跡巡検

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。どうかよろしくお願いいたします。

 京都女子大学の講義2日目でした。
 本日も聞き上手の学生さんに支えられました。ありがとう。
 来週・再来週は巡検です。野口実・山田邦和両博士の成果を片手に法住寺殿跡をあるきます。まずは教室に集まってください。
 午後からは洛中研究室にこもり、池田屋事件の執筆。エンディングちかし。

|

2011.04.19

本気で考える池田屋事件、更新

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。どうかよろしくお願いいたします。

「本気で考える池田屋事件」第44回アップされました(講談社メールマガジン)。

 三縁寺移転にともなう発掘で出土した人骨は、ほとんど池田屋事件関係者と断ずることはできないと述べました。http://eq.kds.jp/kmail/bn/?r=c&m=8&c=30

|

2011.04.18

坂本城と城下町をあるいた

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。どうかよろしくお願いいたします。

 朝歩きの会(「江戸時代京都の観光モデルコースをあるく」)で坂本城跡に行った。ごっつい久しぶり。

 終わってから、帰途、吉水眞彦さんの「坂本城下町」を読んだ。仁木宏・松尾信裕編『信長の城下町』(高志書院、2008年)の所収論文。持ってたのに読んでなかった。実にわかりやすかった。

 坂本城と城下町、はじめて理解した気がした。まだまだ知らん事いっぱいあるなあ。夕方からの立命館大学の講義でその話をしたかったのに、ほかで忙しくてできなかった。残念。

|

2011.04.14

京都女子大学初出勤し池田屋に立ち向かう

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。どうかよろしくお願いいたします。

2011年4月13日(水)はれ

 京都女子大学に本年度初出勤。昨年と科目も教室も変更になり、気分一新。80人ほど受講。あいかわらず文章表現がうまい人が多い。

 午後から洛中研究室で学習。池田屋事件ラストスパートである。もうすこし、もうすこしである。

 夜はいつもと変わらず、入浴介助・寝かしつけに従事。夕食後、また学習。

|

2011.04.12

御土居堀を考える講座のおしらせ

 御土居堀を考える講座、次回のおしらせです。

 <巡検>三条通以北の御土居堀跡をあるく

 2011年4月16日(土)午後1時~午後3時ごろ 

 

 集合場所:京阪電車「三条」駅中央改札集合 ※予約不要、雨天決行

 参加費:500円

 その次は、4月23日(土)<坐学>12時30分~13時40分

会場:キャンパスプラザ京都・5階第3・4演習室 です

【臨時休講のお知らせ】

2011年4月30日(土)に予定していました<巡検>は諸般の都合で、臨時休講といたします。ご注意ください。ご迷惑をおかけいたし申し訳ありません。

|

2011.04.09

鍼医、御薗意斎を考える

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。どうかよろしくお願いいたします。

 明日の御土居堀を考える講座で、御薗意斎(みその・いさい)をとりあげる。

 中世・近世移行期に、各所で構築された都市の囲郭施設(外郭、惣構の土塁・堀)が近世・近代をどのように生きたのかをさぐる研究の一環である。

 享保17年12月(1733)、ミヤコを囲む惣構の土塁のうち、東部の二条・松原間の公儀支配地を買得したことで知られる。

 鍼医で、霊元上皇をながく診た人。御薗意斎は世襲名で、当時は4代目常倫である。

 豊臣・江戸時代あわせて(いやもしかしたら現在までも)、こんなに大量の「御土居地」を個人で取得したのはこの人だけ。なぜ彼だけ許可がおりたのかと疑問がわく。

 意外と事実が少ないので(広まっていないので)、事実をまとめてみようと思った。史料がないわけではない(研究は皆無だろう)。

 拙著『御土居堀ものがたり』(京都新聞出版センター、2005年)でも御薗意斎は特集しなかった。他意はない。気がまわらなかったのだ。重要な存在とはわかってはいたのだ。

 それを明日、とりあえず初回発表ていど(中間発表でもなく)にお話ししようと思っている。あまり期待しないで。

 ※明日(2011年4月10日)の御土居堀を考える講座は、午後0時30分~1時40分、キャンパスプラザ京都5階第3・4演習室(下京区西洞院塩小路下ル東側)。参加費500円。

|

2011.04.08

岡田有希子の祥月命日がまたきた

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。どうかよろしくお願いいたします。

 本日4月8日は、岡田有希子(本名佐藤佳代)の祥月命日です。もう25年です。生きていたら43歳7か月です。1967年(昭和42)8月生まれです。

 話題にして冥福をいのります。

 本日は「ポップ・アップ・リセエンヌ」を聴きます(アルバム「フェアリー」10曲目、1985年)。

|

2011.04.07

旧石器をかたり、池田屋を書く

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。どうかよろしくお願いいたします。

  NHK文化センター京都教室に出講した。

 今月から「もう一度学びたい!日本史」が開始。高校日本史レベルのはなしをわかりやすくお話しする講座です。本日は旧石器でした。

 相沢忠洋のこと、濱田青陵のこと、直良信夫のこと、捏造問題のことなどお話ししました。18人のご参加、日本史をまなびなおしたいというみなさんの意気込みが感じられました。

 次回は縄文時代です。また学史(学問<考古学>の歴史)ですね。モースから入ってまいります。

 終了後、3月に開設した洛中研究室に移り、原稿執筆。池田屋事件である。たいへんはかどった。ありがたい。

 午後5時まで滞在し、入浴介護のため洛東の別業に戻る。

|

2011.04.05

【巡検】近江坂本をあるきます

  いつもの「江戸時代京都の観光モデルコース」をあるく(7日目・その3)のお知らせです。

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。どうかよろしくお願いいたします。

                      記

 日時:2011年4月11日(月)午前10時~12時

 行き先:延暦寺の門前町・坂本(滋賀県大津市)

 集合場所:JR「比叡山坂本」駅改札

 参加費:ワンコイン(500円) ※拝観料などは自弁ください

 同行:中村武生(歴史地理史学者)

 ※雨天決行

 ※予約不要

|

2011.04.02

高知県立坂本龍馬記念館だより新号を拝受した

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。どうかよろしくお願いいたします。

 高知県立坂本龍馬記念館より以下の会報を頂戴いたしました。いつもありがとうございます。

   一、高知県立坂本龍馬記念館だより『飛騰』第77号、2011年4月

以上

|

2011.04.01

4月1日の感慨

 新年度がはじまりました。非常勤で行く大学もひとつ増えまして、せねばならぬことも増える一方で一向へらずたいへんですが、命つきるまであがきます。

 中学1年生ですね。おめでとうございます。早いですね。夢のようです。

|

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »