« 『京都鴨川探訪』の恵贈をうけました | トップページ | 出町附近の御土居堀をあるく »

2011.03.18

名古屋でも元禄・宝永地震の史料を読んだ

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。どうかよろしくお願いいたします。

3/17(木)

 名古屋市中区の栄中日文化センターに出講。

 近江八幡付近から北が地域一帯積雪でおどろく。名古屋駅到着も10分以上おくれる。

 栄中日文化センターでも冒頭、地震史料を読んだ。貞観東北地震だけではなく、尾張徳川家臣朝日文左衛門の日記「鸚鵡籠中記(おうむ・ろうちゅうき)」に元禄・宝永地震の記載がある。

 天災はかならずやってくる。他人事ではない。いまから備えをと申し上げた。タイムリーなので笑いもなく聞いていただけた。

 「鸚鵡籠中記(おうむ・ろうちゅうき)」と地震についての興味深い指摘が、高尾善希さんのブログにあります。ご覧ください。↓

http://takaoyoshiki.cocolog-nifty.com/edojidai/2004/10/post_11.html

|

« 『京都鴨川探訪』の恵贈をうけました | トップページ | 出町附近の御土居堀をあるく »