« 土地条件図や活断層図をつかって京都地震を論ず | トップページ | 【巡検】付け替えられた御土居堀跡をあるく »

2011.03.24

新選組の旧蹟壬生村をあるく

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。どうかよろしくお願いいたします。

 3/23(水)はれ

 よみうり文化センター京都教室に出講。「新選組」がテーマになってはじめての巡検。旧壬生村をあるく。慶応4年(1868)の絵図をつかって。

 浪士組の上洛最初の11か所の旅宿のひとつ、更雀寺跡を確認(四条大宮西入ル北側)。文久3年(1863)以後、ちかくに大名屋敷が集中的に建設されていることを指摘する。伊勢藤堂屋敷とか肥後細川屋敷とか。

 壬生寺阿弥陀堂の売店で、拙著『中村武生とあるく洛中洛外』が販売されていることを知る。おどろき。受講者お二人、お買い上げ。

 八木邸には入らず、墓参ばかりした。

 終了後は四条大宮で懇親会。今期もありがとうございました。また4月からもよろしくお願いいたします。

|

« 土地条件図や活断層図をつかって京都地震を論ず | トップページ | 【巡検】付け替えられた御土居堀跡をあるく »