« 【巡検】洛西鳴滝へ行きます | トップページ | 【講座】基礎からまなぶ日本歴史のご案内 »

2011.02.08

国宝石水院を「春日・住吉」と呼んだ

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。どうかよろしくお願いいたします。

 昨日の朝歩き会(江戸時代京都の観光モデルコースをあるく)で、栂尾高山寺と槙尾西明寺を訪れた。

 栂尾高山寺でいただいたしおり所載の地図をみて、合点がいかないことがあった。

 金堂の東に「旧石水院跡」とある。

 国宝建造物「石水院」の旧地だというのだが、持参した近世の地誌『都名所図会』の挿図をみると、同じ位置の建物に「春日・住吉」と記されてある。

 どっちがほんとうだろう?と思っていたが、どっちも事実だった。石水院に春日・住吉両明神が祭られていたのだった。

 山田昭全『文覚』(208ページ、吉川弘文館、2010年)を読んでいてきづいた。

|

« 【巡検】洛西鳴滝へ行きます | トップページ | 【講座】基礎からまなぶ日本歴史のご案内 »