« 忠光と薩摩ゾーンと立命館 | トップページ | よみがえった龍馬と岩永蓮代の話 »

2010.12.16

12月4日~8日の中村武生

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。どうかよろしくお願いいたします。

12月4日(土)

 名古屋市の栄中日文化センターに出講。龍馬講座。

 今回は大政奉還。まあまあ、いつもの感じ。大政奉還のころ、龍馬や後藤象二郎はどこに住んでいたか、という話などをした。

 少しいつもの懇親会をして、帰宅。

 入浴介護。

12月5日(日)はれ

 山科・醍醐こどものひろばに出講。今年度はじめて。伏見区日野地区をあるく。

 法界寺、誕生院、街道の道標などを小学生にわかりやすく伝えることが使命。たとえばね、という比喩が使えない相手である。その小学生の心を動かせるようなら、安心。今回はどうだったか。また都名所図会に助けてもらった。

 終了後、スタッフSさんとI北さんと懇親。楽しくありました。 

 夜は入浴介護。坂の上の雲をみる。豪華なキャストだ。大河ももとはそうではなかったか。風呂屋がカラになったそうじゃないか。豪華すぎて。風呂に入っている場合ではなかった。今年は知らん人ばっかりだった。ぜんぜん豪華感がなかった。

12月6日(月)はれ

 午前10時、嵐電嵐山駅に集合。江戸時代京都の観光モデルコースをあるくに出講。今回は清涼寺(嵯峨釈迦堂)。よいものがいっぱいあるのに、いかせてない感がつよい寺院だった。

 徳川綱吉の生母桂昌院の品が少なからず展示されていた。だがほとんど解説なし。ええー、それでいいの?

 鐘は先の大戦の金属供出にあわず、室町時代のまんま。足利義政と日野富子の名が記されているのに、その解説もなく、見えもせず。もったいなあ。

 次回は、12月20日(月)午前10時、JR山陰線「嵐山」駅改札集合。二尊院に行きます。

12月7日(火)

 いつもの「基礎からまなぶ日本歴史」に出講。母利美和(もり・よしかず)さんの『井伊直弼』を使わせていただいて、通商条約締結の最近の説をご紹介。

12月8日(水)

 京都女子大学に出講。霊明神社の歴史地理のつづき。次回はついに巡検。朝から霊明神社の参拝。村上神主の許可はいただいている。

 家庭の用事をするために急いでかえる。

|

« 忠光と薩摩ゾーンと立命館 | トップページ | よみがえった龍馬と岩永蓮代の話 »