« 佐賀市の明治維新史学会にきた | トップページ | 法輪寺をあるき薩摩志士の居所を論ずる »

2010.11.10

佐賀城下町をあるく

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。どうかよろしくお願いいたします。

11月7日(日)はれ

Dcf_0721

Dcf_0723

 明治維新史学会(於佐賀市)、2日目。

 午前中の報告は2本。いずれも江藤新平論で、興味深く拝聴した。

 午後からは有志のみの巡検。参加したかったのだが、飛行機の時間があわず、断念。ゆえに一人で時間まで佐賀城下町をあるく。0時45分。

 文化年間の城下町絵図を現代の都市計画図上に落とした、『御城下絵図に見る佐賀のまち』(鍋島報效会、2010年)を片手に。ありがたい図でした。

【コース】島義勇(しま・よしたけ)宅跡→江藤新平墓(本行寺)→江藤新平誕生地(写真)。

江藤新平生家跡って、文化年間の城下町絵図の範囲の西郊外。身分の低さがわかる。

(長崎街道を通って)築地反射炉跡→多布施反射炉跡 

 ここで時間がつきた。午後3時45分。

 佐賀空港に移り、5時30分発。6時40分伊丹着。

 きわめて有意義でした。

 本日は京都歴史地理同考会のNPO法人認可連絡3周年紀念日。別件は12周年紀念。おめでとうございます。1979年10月5日を思い出していました。

|

« 佐賀市の明治維新史学会にきた | トップページ | 法輪寺をあるき薩摩志士の居所を論ずる »