« 難波宮とシーボルトと建碑と昼食と史料コピー | トップページ | 義仲と京都薬園と奇跡の同窓会 »

2010.10.21

歴史地理とくずし字と講演と励ます会

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。どうかよろしくお願いいたします。

10/20(水)はれ

 午前8時50分、京都女子大学に出講。

 いつものコミュニケーションカード(先週のご意見・ご質問・ご感想)へのお返事をしたのち、本題に。

「京都女子大学周辺の歴史地理・幕末編」。板倉筑前介論・その2である。まだ巡検には行けない。次回はその3。

 昼から「くずし字入門」。まだ中山忠光暗殺事件を追っている。ようやく山田幸右衛門(幸八)は、忠光の死を追及している「奇兵隊士」は、石山権六のほか、宮田半四郎(小川佐吉)・細川左馬之助(池内蔵太)らと知ったようだ。

 石山権六が石田英蔵(石田英吉=伊吹周(終)吉)の変名だと知るのは、また次回。

 次回は彼らがついに忠光の墓参をする。10月29日(金)午前10時50分から。会場は同じです。

 NPO法人京都歴史地理同考会監事のKさんと歓談したのち、北上。午後3時30分から、京都ブライトンホテルで、京都労福協活動者会議の講演に行く。「京都のまちづくり~京の歴史から今日(いま)を知る」というお題。

 けっこう笑いがとれた。笑いがあってこその楽しく学べる講演会。

 今夜は入浴介護をしなくてよいので、急にM本さんを励ます会を行った。

|

« 難波宮とシーボルトと建碑と昼食と史料コピー | トップページ | 義仲と京都薬園と奇跡の同窓会 »