« 上七軒歌舞練場で龍馬・海舟 | トップページ | 【講演】龍馬とお龍の史蹟をつくる »

2010.09.05

岩倉具視ゆかりを食べて、御土居堀のウォークを考える

9月2日(木)はれ

 NHK文化センター京都教室「幕末を食べる」に出講。

 今回の会場は、左京区山端(やまばな)の平八茶屋。

 近世には万屋平八といい、幕末期、旧愛宕(おたぎ)郡岩倉村に居住中の岩倉具視が酒を徳利(樽ではなくて)で購入するなど使用していたことが確実な店である(大久保利謙『岩倉具視』増補版、120ページ、中央公論社、1990年)。

 建物は母屋が寛政9年(1797)のものである。岩倉存世中の建物が現存するわけである。

 実に魅力的な店なのだが、寺田屋や幾松にくらべて知られていないように思える。だから今回推薦した。受講者、ひとりも過去に来ておられなかった。喜んでいただいたと思う。

 ほんとうはそのあと、オプションで、旧岩倉村に行き、国史蹟「岩倉具視幽棲旧宅」をたずねられたらよかったと、あとからきづいた。申し訳ありません。ついでにいえば、平八茶屋のかま風呂にも入って(+千円)。

 そのあと担当さんと懇親して(今回で担当をはずれる)、北区役所に行く。

 本年の11月23日、「北区民秋まつり」で「御土居堀ウォーキング」が行われる(無料。参加資格は問いません)。その講師とコーディネートを依頼されたので、その打ち合わせのため。

 申し込みは10月15日から。

 打ち合わせ終了後、急いで帰宅し、新住人の到来をまつ。

|

« 上七軒歌舞練場で龍馬・海舟 | トップページ | 【講演】龍馬とお龍の史蹟をつくる »