« 発見されたる龍馬最古の手紙を読んでみて | トップページ | 【ご連絡】基礎からまなぶ日本歴史 »

2010.08.04

池田屋と母の誕生日と御土居堀と光格天皇と洛中洛外と龍馬と焼き肉

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。どうかよろしくお願いいたします。

 知らない間に4日もあいている。多忙すぎ。

 8/2(月)はれ

 今週の「本気で考える池田屋事件」を提出。まもなく講談社メルマガも更新される由。担当Y田さんから、今月で連載終われないかとおススメあり。前向きに検討したい。できれば年内に刊行したいからね。

 本日は母の誕生日ゆえ、親元に行く。

 8/3(火)はれ

 朝から、京都シニア大学に出講。

「京都の城壁・環濠、御土居堀ものがたり」というお題をいただいた。以前にも京都シニア大学には出講したことがある。そのときは上七軒のはなしを望まれた。

 11時45分に終わってすぐ、京都駅前のキャンパスプラザ京都に向かう。

 午後0時30分から、いつもの基礎からまなぶ日本歴史に出講。田沼政権に入る。同時期の宝暦・明和事件にふれる。それが光格天皇とその周辺に与えた影響をのべた。

 年内に幕末に入ることは確実の様相。

 終了後、メンバーと喫茶し、京都新聞出版センターに行く。担当N村K介さんと拙著『中村武生さんとあるく洛中洛外』の校正打ち合わせ。9月刊行見込み。

 そのあと同文化センターの階に行き、担当Y田Mどりさんと龍馬旅行の打ち合わせ。「中村武生と行こう、龍馬の鞆ノ浦の旅」(仮タイトル)が可能か打ち合わせ。日程調整したら、えげつない日にあたった(おもしろい)。さあ、どうなるでしょう。

 夜、有志と集会。おそくまで「歓談」。

|

« 発見されたる龍馬最古の手紙を読んでみて | トップページ | 【ご連絡】基礎からまなぶ日本歴史 »