« 龍馬伝第35回をみた | トップページ | 龍馬と「洛中洛外」と寛政改革と暑気払い »

2010.08.30

山科本願寺・寺内町を案内する

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。どうかよろしくお願いいたします。

 本日、太田浩司氏(おおた・ひろし、長浜市長浜城歴史博物館参事)が西上。午前9時、JR山科駅で合流。

 戦国時代屈指の都市・城郭である、山科本願寺・寺内町(じないまち)跡をご案内する。来月中旬に、長浜城歴史博物館友の会で見学会がある由。その事前、レクチャーを依頼された。

 本当は当日講師の依頼をいただいたのだが、先約があり無理だった。だから事前レクチャーとなったわけ。太田さんは僕の恩人にして大好きな人なので、ひとつ返事で引き受けた。

 午前中だけという約束だったが、太田さんの執拗なこだわりに任せていたら、結局JR山科駅で別れた時、午後4時だった。

 とても暖かい日だった。どんだけ自販機に頼ったか。終了目前には氷いちごも食したぞ。さすがに参った(でも昼はラーメンだった)。

 が、意義深い日だった。専門家へ史蹟案内をしたのは久しぶりである。太田さん、質問が中村好みすぎる。

 帰途には、NPO法人山科醍醐こどものひろば(山科区竹鼻)の事務所に寄せていただいた。

 以前、同会は今回の巡検にとても適切な冊子をつくっておられる。それを下さいとわがままをいった。理事長朱まり子さん、快諾くださり頂戴した。ありがとうございました。太田さんにそれを渡す。きっと当日役立てて下さるだろう。

|

« 龍馬伝第35回をみた | トップページ | 龍馬と「洛中洛外」と寛政改革と暑気払い »