« 【巡検】下鴨神社へ行きます | トップページ | 岡田有希子の誕生日 »

2010.08.22

ある幕末志士の書翰を読む

8/20(金)はれ

 146年前、禁門の変がおきた日である(元治元年7月19日は1864年8月20日にあたる)。

 某所所蔵の幕末志士の書翰の翻読が依頼された。差出人が「和泉守」である。もしや真木和泉守では。

 ゆえに「くずし字入門」の仲間たちと読むことにした。

 数日前、別の某所所蔵の「浜忠太郎」の筆跡をみた。浜忠太郎は真木和泉守の変名である。これを記した2日後に真木は亡くなる。絶筆に近い。両者の筆跡は似ているように思えた。さあどういうことになるでしょう。

 次回の「くずし字入門」は、2010年8月27日(金)午前9時10分~10時20分です。いつもと時間がちがいますのでお気をつけください。

 会場は、いつものキャンパスプラザ京都(JR京都駅烏丸中央口から西へ徒歩4分)、5階3・4演習室です(参加費500円)。

 なお「浜忠太郎」の筆跡は、近刊の拙著『中村武生とあるく洛中洛外』(京都新聞出版センター、1470円、10月初旬刊行予定)に掲載予定です。

|

« 【巡検】下鴨神社へ行きます | トップページ | 岡田有希子の誕生日 »