« 御土居堀、崩れる | トップページ | 京都女子大と北滋会、そして上七軒 »

2010.07.20

龍馬のみた大坂をあるく

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。どうかよろしくお願いいたします。

7月17日(土)はれ

 よみうり天満文化センターに出講。龍馬のみた大坂を巡検した。

 先日、京都文化博物館の「龍馬伝」展を参観したとき、いずれか所蔵(失念)の大坂土佐屋敷図の写真が展示されていた。そんなものが存在するのかと感心した。

 残念なことに図録に載っておらず、再確認できないが(前日、確認のため再び「龍馬伝」展に行ったらば、なんとそのパネルが消えていた。どういうことだ)、土佐稲荷社の東側に屋敷建物が描かれていたと記憶する。

 弘化年間の大坂の絵図にもそれらしく描かれているので、それをもとに西長堀の土佐屋敷跡の広さを体感してもらった。

 跡地に建つ西長堀団地が、司馬遼太郎が『竜馬がゆく』を執筆した旧「マンモスアパート」である。土佐屋敷跡で『竜馬がゆく』を書いているのである。すごいじゃないか。文学碑を建てたらどうだ、なんてことを述べる。

 とても暑い日だった。受講者Oさんから、某所の史蹟碑のご相談をされるが、疲れはてていたので、立ち話で失礼をした。

 帰途、家族が入院しているT田病院に立ち寄る。

|

« 御土居堀、崩れる | トップページ | 京都女子大と北滋会、そして上七軒 »