« 吉村虎太郎の書翰を読んで平尾道雄の仕事を考える | トップページ | 龍馬伝第28回をみた »

2010.07.11

薩長同盟ゆかりの地をあるく―NHK大阪教室

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。どうかよろしくお願いいたします。

7/10(土)はれ

 昨日の予定は、まだ延びる模様。1週間ぐらい。まずは来週火曜日にもう一度確認に行く。

#

 NHK文化センター大阪教室の巡検で、龍馬ゆかりの地をあるく。今回は薩長同盟で、薩摩関係者の居所跡を対象にした。本日は欠席者5人もあり、計9名で。

 コースは以下。

 京阪電車「出町柳」駅集合 → ①大久保利通旧邸標石 → ②西郷隆盛寓居跡「中熊」跡付近 → ③黒田清隆寓居跡・紙商西村安兵衛邸 → ④大原口道標(京都市登録文化財) → ⑤西郷隆盛塔ノ壇邸跡付近 → ⑥相国寺林光院・薩摩墓地 → ⑦近世近衛邸跡 → ⑧薩摩二本松屋敷跡 → ⑨小松帯刀寓居・近衛御花畑屋敷跡付近(室町通上立売上ル)

 薩摩二本松屋敷跡で、薩長同盟に関する木戸孝允の回想を読む。龍馬に送った薩長同盟六カ条も。現地で原文書を読むことを心がけている。臨場感があってよい。

 ご関心のある方はこちらへhttp://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_483744.html

 終了後、参加者M田さん・M井さんと喫茶する。

 そのあと古書店と新刊書店をはしごして、某所にいすわって拙著『中村武生さんとあるく洛中洛外』の校正をする。予定通りなら、9月中の刊行です(京都新聞出版センター)。

|

« 吉村虎太郎の書翰を読んで平尾道雄の仕事を考える | トップページ | 龍馬伝第28回をみた »