« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010.06.29

龍馬のみた神戸と近郊をあるいた

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。どうかよろしくお願いいたします。

6月24日(木)はれ

Dcf_0494

 京都新聞文化センターの「龍馬講座」で兵庫県神戸市に行く。

 コースは以下。

 JR京都駅(集合) → JR三宮駅 → ①三宮神社 → ②勝海舟三宮住居跡(勝塾跡)参考地 → ③神戸海軍操練所跡 → ④「海軍営之碑」(諏訪山公園)→ ⑤生島四郎太夫旧邸 → ⑥祇園神社 → JR三宮駅(解散)

 いろんな疑問がわいた。

 ②について、磯田道史氏『古地図で巡る龍馬の旅』(NHKテレビテキスト、2010年)は、

「残念ながらその位置を確定することはできません」と記しながら(67ページ)、地図上に「勝海舟屋敷跡」のポイントを落とされている(56ページ、61ページ)。根拠はなんだろう。

 一坂太郎氏『幕末歴史散歩/京阪神篇』(中央新書、2005年)は、もっとはっきり、

「海軍塾の地は生田神社の馬場と生田川の中間で、西国街道(山陽道)に南面していた。跡地は神戸一の繁華街である三宮センター街東側あたり(神戸市中央区三宮1)とされる」と、場所を限定されている(110ページ)。

 なぜわかるのだろう。しかもこの位置は磯田道史氏『古地図で巡る龍馬の旅』ともちがうようだ。どういうことだろう。

 ④「海軍営之碑」(写真)については、松浦玲氏『勝海舟』(271ページ、筑摩書房、2010年)に詳しいが、解けない疑問がある。

 勝海舟が神戸を立ち去るとき、「大君踞床指画之処」に建てるべき碑銘をつくった(書いた)。それを残留した佐藤与之助に石に刻むことを託した。佐藤は石屋に注文したらしいが、(完成したのか)結局建てられず、「地元協力者の生島四郎太夫に預けた」と松浦さんは書かれる。

 現在、その碑というものが、山手の諏訪山公園に建っているが、その「海軍営之碑」の篆額(題字)は徳川家達(徳川宗家16代)が書している。

 「海軍営之碑」が当時のものなら慶応元年には刻まれていたはずである。するとそれに徳川家達(徳川宗家16代)が篆額(題字)を書すことは不可能だろう。

 それとも篆額(題字)だけあとから刻んだというのだろうか。

 不思議ばっかりな神戸めぐりだった。

|

2010.06.27

新選組大坂旅宿跡の碑が現れた

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。どうかよろしくお願いいたします。

 本日、萬福寺で「新選組大坂旅宿跡」標石の除幕式がありました。

 20名ちかくの参加者がありました。NPO法人京都歴史地理同考会から理事3名参加。京都女子大学の学生さんが3人も来てくれました。各新聞社の文化センター受講の方もおこしでした。

 新聞社やテレビはまったくこられませんでした。

 以下がその風景です。

Dcf_0551

Dcf_0556

Dcf_0560

|

大阪市に新選組の碑が建ちます

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。どうかよろしくお願いいたします。

 本日、2010月6月27日(日)午後2時、大阪市内で新選組の石碑除幕式があります。

 「新選組大坂旅宿跡」と刻みました。

 中村武生が主碑および副碑(解説板)の文章を撰しました。

 場所は、大阪市天王寺区下寺町1丁目3-82萬福寺山門前です。

地図はこちらhttp://www.jalan.net/ou/oup2000/ouw2001.do?spotId=27109ag2132028967

 本堂で落慶法要があります。萬福寺は非公開寺院なので、建物内部に入れる珍しい機会です。

 ぜひお越しください。

          ―記

 行き方:地下鉄谷町線「谷町九丁目」駅下車、③出口から出て、千日前筋を西へ進み、松屋町筋を左折(南行)、しばらく進むと左手(東側)にあります。

|

2010.06.25

金地院に幕末の痕跡をみつけた

Dcf_0485_2  Dcf_0488

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。どうかよろしくお願いいたします。

6月24日(木)はれ

 めずらしく晴れたような。

 午前中、いつもの「江戸時代京都の観光モデルコースをあるく」に出講。

 南禅寺の回。なのに塔頭金地院だけしか行けなかった。2時間全部金地院。そらそうだ。金地院大好きなのだ。

 三宅安兵衛・安次郎父子の菩提寺だからね。三宅碑も2つ現存しているし。

 境内に東照宮がある。世が世ならであるのに、本当にみなから関心がうせられている。哀愁をそそる。

 今回、初めて気づいたものがあった。

 周知のことなのだろうが、幕末の京都所司代桑名侯・松平定敬(さだあき)が寄進した燈篭があった。

 感慨ぶかかった。「奉献上/東照宮神前」「桑名少将松平越中守源定敬」と刻まれている。元治2年(1865=慶応元年)4月17日銘である。

 それで気づかれた。

 元治2年(1865=慶応元年)は、元和2年(1616)に亡くなった徳川家康の250回忌にあたる。実は4月17日は家康の祥月命日にあたる。

 だから前日の4月16日には、勅会が行われ(家康は贈正一位太政大臣)、日光東照宮に奉幣使などが参向している(『維新史料綱要』巻6、85ページ)。

 それにあわせて、在京の子孫のひとりである所司代松平定敬が洛東東照宮に燈篭を寄進したというわけだ。

 ほんとうはもっと存在したのではないのか。守護職会津侯松平容保だって同様のことをしそうだが。「会津中将松平肥後守源容保」銘の。想像してみた。

 まだまだ見落とした幕末史蹟があるなあ。

|

2010.06.22

【巡検】東岩倉山・日向神明宮に行きます

 いつもの「江戸時代京都の観光モデルコースをあるく」がついに「4日目」に突入です。

 その初日です。ぜひお越しください。

           ―記―

 日時:2010年6月22日(火)午前9時~11時

 行き先:東岩倉山(日向神明宮)・南禅寺

 集合場所:京阪電車「三条」駅中央改札

 同行:中村武生(歴史地理史学者/立命館大学非常勤講師)

 参加費:ワンコイン(500円)

 ※申し込み不要。雨天決行

|

2010.06.19

町田明広博士から玉稿を賜りました

 先日、京都でお目にかかったおり、町田明広博士から以下の玉稿を賜りました。遅くなりましたが、記して御礼申し上げます。

 ○町田明広氏「幕末中央政局における『皇政回復』―島津久光率兵上京を中心として」(『佛教大学大学院紀要』文学研究科篇38号抜刷、2010年3月)

|

2010.06.18

龍馬伝展のレセプションに参加してきた

Dcf_0478

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。どうかよろしくお願いいたします。

 午前中、いつもの「くずし字入門」に出講。

 いつもの御土居堀関係文書と、ちょっとアレンジ、幕末志士の書翰を読んだ。みなさん苦闘。

 午後から京都文化博物館に。

 明日19日から「龍馬伝」展が開催される。本日レセプションが行われた。NPO法人京都龍馬会の赤尾博章理事長と妻りょうこさん(写真)に連れられて参加した。

 展示品は逸品ぞろいだった。写真ではみたことがあるが、現物は初めてとか、いやいやまったく知らず、こんな史料(資料)あったのかぁなんてのもあった。勉強になりました。

 ただ展示解説はいただけないものが少なくなかった。ケアレスミスはいいのだが(「お龍」に「おりゅう」とルビを打った場所があるとか)、最近の幕末史研究の成果がいかされていない点が多かった。

たとえば薩長同盟。慶応2年(1866)1月23付、木戸孝允が坂本龍馬に宛てた有名な書翰。これに長州側からの「盟約」内容六カ条が列記されている。

 その全文の現代語訳が掲示されていたが、五か条目は以下だった。

 「今までのように、一橋、会津、桑名が軍事力を背景に朝廷を擁し、正義を拒み続けるのであれば、ついには武力討幕に及ぶ以外にない。」(『龍馬伝』展図録87ページ)。

 ここに「武力討幕」なる言葉がある。これは原文にはない。

 原文は「兵士をも上国の上、橋・会・桑等も如只今次第にて、勿体なくも朝廷を擁し奉り、正義を拒み、周旋尽力の道を相遮り候ときは、終に及決戦候以外無之との事」である。

 「ついに決戦に及び候以外にはこれ無き」とあるのであって、「武力討幕」とはない。

 常識にはこれは一橋慶喜・会津侯松平容保・桑名侯松平定敬、すなわち京都の「一・会・桑権力」との軍事衝突であって、徳川政府そのものを対象にしているようには読めない。

 このことはすでに周知のことで、たとえば家近良樹氏『孝明天皇と「一・会・桑」』138~140ページに特記されている(文春新書、2002年)。

 近年、美濃中津川の市岡家文書の発見により、薩長同盟に対して徳川政府そのものも攻撃対象にしていた可能性を提起されているが(宮地正人氏「中津川国学者と薩長同盟」『街道の歴史と文化』5号、中山道歴史資料保存会、2003年)、

 いずれにせよそれらの研究史を紹介されることなく、五か条目の「決戦」の語を、いきなり「武力討幕」と解釈するのは参観者への配慮が足りなすぎる。

 もうひとつ。展示全体を通じて、龍馬殺害を「暗殺」と表記する点である。

 明治初年の刑部省の口書によれば、見廻組の今井信郎は、上司から龍馬逮捕を命ぜられ、抵抗したら殺してもよいと言われた。実際現場で「手ニ余リ候ニ付、龍馬ハ討ち留メ」たと供述している。

 いわば警察権の行使の過程で殺害されたのであって、それを「暗殺」とはいえないはずである。

 もちろん今井の供述は虚偽で、当初から殺害する目的であったかも知れないが、もっとも信用できる当事者の供述であるから無視はできない。

 ゆえに龍馬「暗殺」ではなく、龍馬「殺害」と記すべきであろう(青山忠正氏『明治維新史という冒険』234~240ページ、思文閣出版、2008年。初出は2005年)。少なくともその方が公平性を保てることは間違いない。

 今回の展示・図録担当の方々がこれらの成果を認識されておられないとはいわない(それは失礼であろう)。

 が、他館にもいえることだが、古代史や中世史などに比して、まだまだ幕末史研究の実情が博物館展示・解説に活かされることが少ないなあと、残念に思えた。

(学術成果の一般啓発に心を配っている立場からの見解です。関係者各位への失礼の段は深くおわびいたします)。

|

2010.06.17

しゃべってばっかり

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。どうかよろしくお願いいたします。

6月15日(火)あめ

 午前10時、NHK京都文化センターに出講。「龍馬の憧れた?天誅組の乱」を講ずる。天誅組の乱はほんとうにおもしろい。いつか単著をかいてみたい(言うのは勝手)。

 午後0時30分から「基礎からまなぶ!日本歴史」に出講。新井白石の著作、とりわけ『読史余論』について個人的感想をのべる。

 夕方から大番頭Kさんにつれられて、MッSージに行く。少し体が楽になる。

6月16日(水)はれ

 午前8時50分、京都女子大学に出講。都市史のなかで豊臣秀次を論ずる。

 午後3時30分から、京都市伏見区の黄桜カッパカントリー15周年記念イベントに招かれる。「龍馬の寺田屋事件を復元する」をかたる。

 夕方、またMッSージに行く。明日は名古屋市に出講なので、行けないと思う。

|

2010.06.16

三枝暁子博士から高著を賜る

 去る6月14日(月)、立命館大学に出講しますと、メールボックスに三枝暁子博士から以下の高著が贈られていました。ありがとうございます。

 ○吉田伸之氏・伊藤毅氏編『伝統都市』1(イデア)、東京大学出版会、2010年5月、4800円+税

 なかに三枝暁子博士の玉稿「豊臣秀吉の京都改造と『西京』」がおさめられてます(109~130ページ)。

 僕の仕事を丹念に検討下いました。文中に、「中村(武生)」の名前が何回も登場します。ざっとみても、10回以上は出てくるような。珍しいことです。

 記して御礼申し上げます。

|

2010.06.14

渡邊大門博士から玉稿を賜りました

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。どうかよろしくお願いいたします。

 昨日深夜、ようやく京都へ戻ってきました。

 明治維新史学会でお世話になりましたみなさん、本当にありがとうございました。

 なお同建物で別に開催されていた「織田政権シンポ」で渡邊大門博士から以下の玉稿を賜りました。記して謝意を表します。

 ○渡邊大門博士「播磨国赤松氏および被官人の官途について―隣国受領名官途の在地効果説をめぐって」(『年報赤松氏研究』第2号抜刷、2009年3月)

|

2010.06.13

明治維新史学会におりました

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。どうかよろしくお願いいたします。

 明治維新史学会、初日に行っておりました。

 楽しかったです。

 おどろいたこと。同じ建物の別の階に織田政権シンポが開催されているとは知りませんでした。

 K野S人先生には同敷地で会いましたのに、わが方ではお目にかかれなかった気がします。織田政権に行かれましたか。

 織田政権シンポはレジュメだけ購入させていただきました。あ、でも渡邊大門博士にもお目にかかれました。『年報赤松氏研究』3号買えました。

 そうそう、小谷利明博士(中世史、八尾市歴史民俗資料館)にもお目にかかれました。ごぶさたでした。うれしー、でした。

 維新史では、大阪大学のEレノア・Rビンソン先生(通称Eリー)に会ったり、M川M理子さんにもお目にかかれたりと、いっぱい再会がありました。

 懇親会では高木博志博士からやさしい言葉をいただきました。感謝です。

 そうだ。たまたま京都の友人K村Y子さんが東京におられ、拙ブログをみて、「おまえも東京におるのか」みたいなメールをいただきました。お目にかかれませんでしたが、うれしいことでした。 

 明日も維新史学会です。

|

2010.06.12

明治維新史学会です

 明治維新史学会大会が、関東、駒澤大学で行われます。

 そのため関東に下っております。

|

2010.06.09

池田屋事件ばっかりの数日

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。どうかよろしくお願いいたします。

6/4(金)はれ

 未明。いつもの講談社メルマガに「本気で考える池田屋事件」連載34回目の原稿を提出する。

 今回は原稿用紙18枚分書いた。そしてついに近藤勇が池田屋に踏み込んだ。もうすぐ4年目になろうというこの連載。やっと、やっとである。

 午前9時すぎから、いつもの「くずし字入門」に出講し、江戸時代の御土居堀を考えた。

 が、午後2時から左京区岩倉花園町の三縁寺に行く。池田屋事件戦死者の法要である。新住職になって初めての法要である。本堂に響き渡るようなよい読経だった。今回はなんと15人も参加者があった。拙ブログをみてお越しになられた方もあった。感謝である。

6/5(土)はれ

 池田屋事件の日である。陽暦では7月8日だけど。

 午後1時、名古屋市の栄中日文化センターに出講。「龍馬」講座である。龍馬とお龍からみた池田屋事件を論ずる。なんてタイムリーな。

 夜、今週もお仕事などで関東から上洛された町田明広氏やC野F哉氏などと飲む。二次会は当然、池田屋跡に建つ池田屋に行く。

6/6(日)はれ

 NHK大河ドラマ「龍馬伝」を家で見る。池田屋事件だった。ここもか。いいたいことは山のように。また改めます。

6/7(月)はれ

 立命館大学に出講。さすがに池田屋事件ではないのだが、せっかくだから石碑が建ったことは受講者に伝える。

6/8(火)午前中少し雨。午後やむ

 夜、講談社メルマガ今月1日号配信。「本気で考える池田屋事件」連載34回目が流れる。連載34回目にして、はじめてタイトルがついていて驚いた。「新選組、池田屋に突入!」だって。講談社の方ともいっしょに喜びあえている。ありがたいこと。あと少しだ。

 とにかく、池田屋事件ばっかりの数日だったというわけだ。 

|

2010.06.08

また建仁寺に行きます

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。どうかよろしくお願いいたします。

 いつもの「江戸時代京都の観光モデルコースをあるく」のご案内です。

 建仁寺は深いなあ。終わりませんでした。ですので、また建仁寺境内をあるきます。

 よろしければお越しください。

        ― 記 ―

 日時:2010年6月10日(火)午前9~11時

 行き先:建仁寺・祇園町・宮川町など

 集合場所:「東山安井」交差点(東山区東大路通四条下ル)西側

 参加費:ワンコイン(500円)

 同行:中村武生(歴史地理史学者/立命館大学など非常勤講師)

 ※予約不要。直接集合場所におこしください。

 ※雨天決行

|

2010.06.07

【巡検】建仁寺に行きます

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。どうかよろしくお願いいたします。

 いつもの「江戸時代京都の観光モデルコースをあるく」のご案内です。

 よろしければお越しください。

        ― 記 ―

 日時:2010年6月8日(火)午前9~11時

 行き先:建仁寺(京都市東山区)など

 集合場所:「東山安井」交差点(東山区東大路通四条下ル)西側

 参加費:ワンコイン(500円)

 同行:中村武生(歴史地理史学者/立命館大学など非常勤講師)

 ※予約不要。直接集合場所におこしください。

 ※雨天決行

 ※午後0時30分からは、JR京都駅前(烏丸中央側)のキャンパスプラザ京都5階で、いつもの「中村武生の基礎からまなぶ日本歴史」もございます(今回は新井白石政権(正徳の治))(~午後1時40分。参加費やっぱり500円)。

|

2010.06.06

龍馬伝第22回をみた

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。どうかよろしくお願いいたします。

 龍馬伝第22回「龍という女」をみた。

 事実がとても少ない回だった。

 龍馬とお龍の出会いについては、お龍の晩年の回想に詳しい(安岡秀峰「反魂香」『坂本龍馬全集』増補4訂版、940ページ)。

 それによれば、元治元年(1864)6月以前、龍馬が北添佶摩らと京都東郊、大仏南門(現国重文・蓮華王院南大門)門前付近(京都市東山区本瓦町付近)の「河原屋五兵衛」の隠居方に住んでいた。

 これは北添佶摩の元治元年(推定)5月2日付母宛書翰に、「洛東東山近辺瓦町と申すところに居宅を借り受け、ほかに同居の人5~6人もいる」と記している(『北添佶摩』76ページ)。これがお龍の回想と一致するので事実と認定される(中村武生『京都の江戸時代をあるく』107-112ページ、文理閣)。

 そこに住み込みの賄いとして雇われたのが、故楢崎将作の妻貞(てい)と末娘君江だった。それがたまたまお龍の母と末妹にあたった。

 当時、お龍が住んでいたのは、洛中の七条新地の扇岩なる旅館という。大仏南門から七条新地までは徒歩約10分である。

 お龍は母・妹に会うため、ときどき大仏南門そばの龍馬らの住居に行っていた。そこで龍馬と会ったらしい。

 ドラマでは、その「扇岩」ののれんのある旅館で龍馬とばったり会っていた。設定に無理がある。

 当時の龍馬は洛東に住居を持っているのだから、旅館に泊まる必要はない(しかも徒歩約10分の距離のところに)。実在の人名を使っているのだから、フィクションもある程度でおさえないといけない。

 ちなみに「大仏」とは、現在の方広寺だけではない。皇族の入っていた妙法院(宮)が管轄する、現在の方広寺や三十三間堂、法住寺、養源院、智積院などを囲いこむ、広い範囲をさす。

 当時、妙法院のことを「大仏御殿」といった。大仏を管理されている宮様の御所という意味である(たとえば村山修一氏『京都大仏御殿盛衰記』、法蔵館、2003年)。

 智積院は、上洛した山内容堂の居所して知られるが、随伴した寺村左膳の日記には「大仏内智積院」と書かれている(文久3年1月25日条、『寺村左膳道成日記』(2)、7ページ、県立青山文庫後援会)。大仏境内の智積院の意である。このことが驚くほど一般に理解されていない。

 エンディングの「龍馬伝紀行」にも、龍馬とお龍の出会いの地として、ドラマのシーンとは異なり、「大仏」の地を紹介した(いいのか)。

 ここまではよかったが、現存する大仏南門や付設された「太閤塀」を取り上げず、現方広寺建物やその外郭の巨石を映していた。残念、ピントがずれてます。

 妹(貞の次女光枝)を借金のかたにとられたので、とりもどしに行くところを龍馬に見とがめられ、助けるために金が必要だろうと渡していた。

 光枝を取り戻すためにお龍が大坂へ行き、本当に取り戻してくる。これは事実である(慶応元年9月9日付、姉乙女など宛龍馬書翰。坂本龍馬全集』増補4訂版、57-60ページ)。

 が、借金のかたにとられたわけではなく、「わるもの」が母貞を「だまして」「いゝふくめさせ」て、女郎として買ったのである。

 そこで「大坂にくだり」、「うでにほりもの(刺青)した」「わるもの」のところへ乗り込んでいき、相手に「とびかゝりて、其者むなぐら(胸倉)つかみ、かを(顔)した(た)かになぐりつけ」た。

 「わるもの」が「女のやつ殺すぞ」と反応すると、「殺(せ)殺(せ)、殺サレニはるばる大坂ニくだりてをる、夫(それ)ハおもしろい、殺セ殺セ」といった。

 すごい話である。このシーンがなかったのは実におしまれる。この人を同じ手紙のなかで龍馬は「まことにおもしろき女」と言ったのである。そんな龍馬の好みがえげつない。おもしろい。

 だから金は、売った金を母から取り上げればすむはずだから、龍馬が与える必要はない。残念、まちがい。

 岡田以蔵が新選組に追われていた。ありえない。なぜ追われなければならないのか。一切説明がなかった。

 以蔵の逮捕理由は「志士」活動ではない。金品強奪容疑である。

 以蔵は、二条通東洞院西入ル(仁王門町)の糸商幸次郎方に行き、「高利をむさぼるは許せない。(われに)金をほどこせ」といって、金を強引に借りた(押借り)。その結果、町奉行所に逮捕された。

 そうとう金に困っていたらしい。

 文久3年(1863)3月以前にも、高杉晋作から金6円(6両か)を借りたが返せなかったらしい。千屋菊次郎が返してやっている(「再遊筆記」同年同月19日条、『維新日乗纂輯』1巻291ページ)。

 以蔵の判決が出たのが元治元年(1864)5月で、「洛中洛外払」すなわち京都追放である。気の毒なことに、東町奉行所の判決状では「無宿鉄蔵」という名になっている。「土佐郷士岡田以蔵」ではないのである。

 『維新土佐勤王史』によれば、土佐の監察吏は「所司代」(これは誤り。東町奉行所)にその身柄の引き渡しを望んだ。

 そのため刑の執行のため、「二条通紙屋川の土堤外」、すなわち京都の城壁・環濠の御土居堀(洛中洛外の境界)の西外(現在の中京区西土居通旧二条交差点付近)に連行され、土佐の役人に身柄が引き渡されたという(『維新土佐勤王史』542ページ)。そして土佐へ送られた。 

 土佐の獄中にあった武市半平太が姉・妻に宛てた書翰同年6月15日付によれば、「前日、岡田以蔵が出ておった」とある(『武市瑞山関係文書』1巻、480ページ)。土佐に着いたのである。

 さあ、次回は池田屋事件ですね。

|

2010.06.03

号外に接してまた龍馬の寺田屋事件を追った

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。どうかよろしくお願いいたします。

6/2(水)はれ

 睡眠2時間30分ていどで、京都女子大学に出講。今回は熱心な質問があった。やはりそれはうれしいこと。

 昼前、号外が出たと連絡あり。何の号外がすぐに分かった。鳩山首相の退陣表明だ。

 午後から龍谷大学の都カレッジという一般向けの講座に出講。3週連続の最終回。今回は巡検。

 寺田屋事件における坂本龍馬の逃亡ルートを追った。何回もこのコース、こなしているが毎度発見がある。今回もいままでで一番よい出来だった。

 夕方、号外を引き取りに行く。道端で予期せぬ出会いがあってお茶に行ったり、夜少し懇親したりする。

 帰宅して夜は夜でまた仕事。

|

2010.06.02

藤田英昭さんから玉稿を賜った

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。どうかよろしくお願いいたします。

 先日、藤田英昭さん(明海大学非常勤講師)から以下の玉稿を賜りました。ありがとうございます。記して謝意を表します。

 ○藤田英昭氏『天璋院篤姫とその時代~江戸から東京へ~』(生涯学習講演会第2回歴史資料特別講演会講演記録、2009年12月21日、調布市総務部総務課公文書管理係編)

 ○藤田英昭氏「北海道開拓の発端と始動―尾張徳川家の場合」(徳川林政史研究所『研究紀要』第44号抜刷、2010年3月)

|

2010.06.01

龍馬と板倉筑前介について話した

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。どうかよろしくお願いいたします。

5/30(日)はれ

 近江龍馬会の総会が浜大津(大津市)であった。

 記念講演を頼まれたので、少し話した。近江と龍馬の関係といえば、寺田屋登勢と家臣藤吉の誕生地として知られるが、ほかにもある。

 龍馬殺害現場に慰留された血染めの掛け軸の「梅椿図」の作者にして、終焉のその日に近江屋新助方を訪ねたことでもしられる、板倉筑前介こと淡海槐堂が坂田郡下坂中村(現長浜市)出身である。

 板倉筑前介はおもしろいぞ、というはなしをした。龍馬との縁も晩年どころか、元治元年(1864)までさかのぼるかもしれないとか、「志士が慈父のごとく慕った」というのはデフォルメでないかもしれないとか、述べた。

 夜は龍馬伝第22回を家でみた。

 ついにお龍登場。述べたいこと山ほどあるが、急ぎの仕事があるので、またそのうち。

|

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »