« 京都町奉行の施行に感謝する上京町人 | トップページ | 東山大仏(方広寺)跡と豊国社跡をあるく »

2010.03.04

【巡検】壬生寺から本国寺跡へ

 午前中、雨のなか、「江戸時代京都の観光モデルコースをあるく」。

 JR山陰線丹波口駅で集合。島原へ向かう。

 角屋の前で京都市教育会の石碑のことや、大門の前の「薬園町」地名のことなど、およそ「島原的」でない話をする。約1時間滞在。

 そこから壬生寺へ。着いたとき、タイムオーバー。

 ゆえに次回は壬生寺から。新選組のはなしは、ほとんどしません。

              記

 次回は、2010年3月9日(火)午前9時~11時です。

 集合:阪急「大宮」駅・東改札(午前9時)

 行き先:壬生寺から本国寺跡(五条堀川西側一帯)へ向かう

 参加費:500円(壬生寺で拝観料が発生します。自弁ください)

 同行:中村武生(歴史地理史学者、京都女子大学非常勤講師)

 ※どなたでも参加できます。予約不要。直接集合場所にお越しください。

|

« 京都町奉行の施行に感謝する上京町人 | トップページ | 東山大仏(方広寺)跡と豊国社跡をあるく »