« 今年のご愛顧に感謝申し上げます | トップページ | お龍の父、楢崎将作に悩む »

2010.01.01

謹賀新年で吉田松陰を思う

 あけましておめてとうございます。

 今年もよろしくお願いいたします。

 今年は私、43歳になります。どんな業績を積むことができるかでございます。無理をすべきだと思っております。

 さて今年の干支は、庚寅(かのえ・とら)です。同じ「庚寅」には、過去になにがあったのかを調べて、楽しんでおります。

 たとえば天保元年(1830)が「庚寅」です。この年生まれたのは、吉田松陰です。吉田松陰といえば、昨年は2009年でしたので、没後150年にあたりました(没年は安政6=1859)。

 今年の大河「龍馬伝」にも、龍馬と面識がなかったはずの松陰が出てまいります(演ずるは生瀬勝久氏)。

 2年連続、松陰を意識する年か、と思っております。

 どうということはありませんが。松陰ファンなのでございます。

|

« 今年のご愛顧に感謝申し上げます | トップページ | お龍の父、楢崎将作に悩む »