« 【巡検】今熊野観音にお参りします | トップページ | 高槻城主永井家の墓参をした »

2010.01.28

桐野作人さんの新たな研究成果をうけての「小松帯刀寓居参考地」標石の今後の対応について

2010年1月28日

桐野作人さんの新たな研究成果をうけての

「小松帯刀寓居参考地」標石の今後の対応について

中村武生

一昨年7月、僕が理事長をつとめる任意団体「京都歴史地理同考会」(当時。現在は非営利活動法人。以下同考会)は、京都市上京区堀川通一条東入ル南側松之下町の民有地に「此向かい小松帯刀寓居参考地」などと刻んだ標石を建てた。

理由は、

①当時放映中であったNHK大河ドラマ「篤姫」において、小松帯刀が準主役として登場していたこと(瑛太さんが扮した)

②親しくさせていただいていた鹿児島県出身の歴史作家、桐野作人さんの研究により、当該地を有力地と知ったこと。

③当地に標石を建てることが、京都観光の活性につながると信じたため

である。

ただし当該地と推定する根拠は必ずしも十分ではなく、今後新たに確認される史料により、より有力な土地を見出す可能性があった。

そのため断定的な表現を避け、銘に「参考地」の語句を加えることとした。

去る本年1月24日刊行の『歴史読本』(2010年3月号、新人物往来社)に、桐野作人さん著「薩長同盟はどこで結ばれたのか―小松帯刀の京都邸「御花畑」を探す」(以下、当論文) が掲載された。

当論文において桐野さんは、薩長同盟締結地と推定される、小松帯刀の京都での居住地について、従来の堀川通一条東入ル説を破棄され、室町通上立売上ルの室町頭町付近と結論づけられた。

当論文の内容を検討したところ、いまだ確定的ではないとはいえ、堀川通一条東入ルに比して、室町頭町付近説がより有力であると判断した。

当該成果を受けて、堀川通一条東入ルの標石を今後いかに扱うか、去る同年1月26日開催の同考会の理事会で検討した。

その結果、

   当該標石の建設後、多くの書籍・観光案内パンフレットなどにその写真が掲載され、京都における小松帯刀およびその京都屋敷への認識が高まり、その研究促進に益があったと判断できること。すなわち建設よりわずか1年半とはいえ、すでに研究史上に一定の位置を与えられる。

②当該標石に刻んだ語句は、小松帯刀にとどまらない。「藤原道綱母子・源頼光一条邸

  跡」「此向かい近衛堀川屋敷跡」、「此付近応仁の乱洛中最初合戦地」を表示してお

  り、それらは現段階では依然事実と認められる。

それゆえ当該標石は破棄せず、現状のまま維持することとする。

ただしこの文章を当該標石そばに置くなど、見学者に誤解を与えないよう最善を尽くしたい。

 ご理解いただければ幸いです。

|

« 【巡検】今熊野観音にお参りします | トップページ | 高槻城主永井家の墓参をした »