« 京都土佐屋敷史料がついに報じられた | トップページ | 京都新城こと高台院三本木屋敷を論ず »

2009.12.18

龍馬とお龍の旧蹟をあるいて建碑許可をもらって取材をうけて忘年会をした

12月16日(水)はれ

 京都女子大学に出講。今週も巡検。大仏南門(国重文「蓮華王院南大門」)から七条新地跡まであるく。

 元治元年(1864)上半期の、龍馬とお龍の居所の距離を感じてもらう。

 そのあと歴史地理同考会監事Kさんと某所に行き、ある建碑の承諾をいただく。ながかった。感謝・感謝である。来年早々に動く予定。

 午後、「中村武生さんとあるく洛中洛外」(「京都新聞」市民版金曜連載中)の来月の取材。来月は西京区。

 夜は、そのメンバー(S分利デスク、O村カメラマン、S藤記者)と先斗町で忘年会。

 「中村武生さんとあるく洛中洛外」は、12月18日、25日、1月1日と休みでございます。次回は1月8日、中京区その3を掲載いたします。よろしくお願いいたします。

|

« 京都土佐屋敷史料がついに報じられた | トップページ | 京都新城こと高台院三本木屋敷を論ず »