« 討ち入りの日に赤穂事件と京都の話をしてきます | トップページ | 京都土佐屋敷史料がついに報じられた »

2009.12.15

最後の直江兼続から赤穂浪士へ

12月14日(月)くもり一時小雨

 NHK大阪文化センターの巡検で、伏見城舟入跡へ。直江兼続が構築にかかわったからね。

 伏見(木幡)城跡を通って、伏見(指月)城跡参考地たる観月橋団地へいたる。何の表示もない。石碑も解説板も。この地の重要性を語る。

 ここは「泰長老」である。直江状が届けられた地の可能性がある。今年の大河のストレートど真ん中だったかも。おしいことだ。たくさんの観光資源が利用されていない。

 そのあと、向島城跡へ。山田邦和博士の復元図を片手に本丸跡から二の丸跡、三の丸跡を通る。こちらも石碑も解説板もない。何たることか。

 徳川家康の城郭である。再来年の大河は家康の嫡子秀忠の正妻「江(ごう)」である。ゆかりの地といえる。何とかできないか。

 近鉄「向島」駅で解散。自転車が電車と接触したらしく、電車1本中止になる。

 夜は上七軒「大文字」で、いつもの「つれづれ会」。今日は討ち入りの日。「京都と赤穂事件」を赤穂浪士の手紙・覚書のみを使って論ずる。

 京都はすごい都市だ。また思ったことだった。

 会場盛り上がる。僕の話はそっちのけで。それでいいのだ。僕はお題を提供しただけ。それをもとにみなさんきが楽しまれる。そんなうれしいことはない。

|

« 討ち入りの日に赤穂事件と京都の話をしてきます | トップページ | 京都土佐屋敷史料がついに報じられた »