« 信長・義昭と天皇陵のおはなしをいたす | トップページ | 【巡検】京都町奉行所跡、神泉苑、二条城へ »

2009.11.23

歴史地理な龍馬をする

11/22(日)くもりのち雨

 嵯峨野学藝倶楽部に出講(主催、伝統プロデュース連)。また京都市教育会の石碑論。同会に所属し、幕末史蹟碑を建てた寺井萬次郎とはどういう人か、の話。

 きわめてマニアックなのだが、ちゃんとついてくる受講者がおられる。すばらしい。ありがたい。

 帷子の辻のスマートで懇親会。受講者のT田さんからうれしいプレゼントあり。何よりの贈り物でした。以前、エビをさしあげたことをいつまでも恩に感じてくださる。「エビでタイを釣る」を地でいっているとみなで感銘。

 夕方は、京都駅前のキャンパスプラザ京都で、「基礎から龍馬」講座(主催、龍馬カンパニー)。

 今回も最近とても気に入っている「龍馬のみた江戸」。

 例の時計盗難事件についての武市半平太の書翰を読みつつ、それがどれほどの地理空間で行われたのか、江戸切絵図を使いながら、現在の地図にも落としたりして追及。

 歴史地理的な龍馬でした。

 夜は、久しぶりに木屋町六角「龍馬」で懇親。

|

« 信長・義昭と天皇陵のおはなしをいたす | トップページ | 【巡検】京都町奉行所跡、神泉苑、二条城へ »