« 信長と光格天皇と龍馬とあそぶ | トップページ | 御土居堀にこだわってきてよかったと思った日 »

2009.10.24

また龍馬の講演をします

10/23(金)はれ

 午前9時10分、くずし字入門に出講。

 文化9年(1812)の江戸逗留日記、エンディング目前。権利(舟持株)獲得のために、老中や勘定奉行へ接触する。その手順がよくわかる。おもしろい。次回で終わり。ちゃんとまとめておかないといけないと思っている。

 次回は何を読もうか。それが悩み。

 終了後、JR東海の田島江梨子さん、木村弥生さんと打ち合わせ。来年3月13日に東山区で龍馬の講演会を行う。その内容を検討。「妻お龍からみた坂本龍馬と京都」みたいな内容になる予定。詳細はまたいつか。

 最近、龍馬の講演依頼がとても多くなっている。2004年の大河ドラマ「新選組!」のときの比ではない。ありがたいこと。

 午後から天理大学へ。御土居堀(洛中惣構(そうがまえ))論を継続中。大和郡山の惣構にまだ到達しない。

 夜は上記、田島さん・木村さんに戸田さん(男)をまじえ、懇親。最後は、いつもの木屋町六角下ル「龍馬」に立ち寄る。めずらしく2日連続の訪問。

 帰宅後は、明日の講演内容を考える。

|

« 信長と光格天皇と龍馬とあそぶ | トップページ | 御土居堀にこだわってきてよかったと思った日 »