« 光格天皇を論じ古書を頂戴する | トップページ | 石碑解説文を書き日本史研究会大会に遅れる »

2009.10.10

フリーハンドで御土居堀ラインを描いてみせた

10/9(金)はれ

 午前中、くずし字入門。「江戸逗留日記」10丁目を読む。全部で14丁あるから、あと少し。みなさん熱心で、僕が気づきもしない情報をもってこられる。

 どうやらこの日記は、「船持株」取得を目指して、公家が家臣を使って江戸の要路に交渉しているものらしい。

 文化9年前後の畿内の水利にかかわる史料を、複数の人が見つけて持ってきてくださる。これらが当「江戸逗留日記」の件とどうつながるのか、つながらないのかはよく分からない。が、とても刺激になる。ありがたいです。

 終了後、JR東海「そうだ京都、行こう。」デスクの田島英梨子さんとイベント打ち合わせ。「龍馬伝」にかかわる京都見学会である。どこでもやっているのと異なることをしたいと思う。

 それから天理市へ。天理大学へ出講。歴史地理学とはどういう学問か、パワーポイントを使ってスライドを見せる。

 ふたりも熱心な学生があった。1人は2万5千分の1地形図上に「御土居堀」ラインを書いてほしいという要望してきた。何も参考にせず、完全フリーハンドで書ける自分が気持ち悪くも思ったが、できるのだから仕方がない。

 1人は平安京域を同じく地形図上に示すよう望んできた。こちらはかなりカンタン。あっさりすむ。本日は楽しい天理大学出講であった。

 

|

« 光格天皇を論じ古書を頂戴する | トップページ | 石碑解説文を書き日本史研究会大会に遅れる »