« 石碑解説文を書き日本史研究会大会に遅れる | トップページ | 鞆の浦訴訟、県が控訴 »

2009.10.14

今宮神社に参って秀頼の死を伝える直江兼続書翰などを読む

10/13(火)はれ

Dcf_0166a

 今朝も、「江戸時代京都の観光モデルコース」をあるく。前回、台風接近で中止になった。そのせいか、今回は集合場所がいつもの駅改札ではなかったのに、いつもより多く参加者があった。いつもは宣伝不足ですわ、と受講者T崎さん。そうかなあ。

 本日は旧大宮通を通って、今宮神社へ。いろんな川跡をご紹介。そのひとつ有栖川の橋のかけらが今宮境内にある(写真)。T崎さんに教えてもらった。

 総務のK畑さんの周旋で、あぶり餅も食べた。織田信長らの骨灰を埋めたという阿弥陀寺跡から移転してきた織田稲荷社にも参った。意外と知られていない。楽しかった。

 次回はすこし飛んで、10/22(木)です。午前9時、大徳寺南門前(北区北大路大宮西入ル北側)集合です(真ん前に「アメリカ」という大きなレンタル店があります)。雨天決行。参加費ワンコイン(500円)です。

 午後から、JR京都駅前のキャンパスプラザ京都で「基礎からまなぶ!日本歴史」。前回、大坂落城した。

 今回は大坂落城をめぐっての、伊達政宗や直江兼続の書翰を読んだ。伊達政宗は、関ケ原合戦直後の豊臣秀頼の処遇をめぐって家康に意見した、有名な書翰も読んだ。伊達政宗の口惜しさがつよく感じられる。

 そのあと武家諸法度の元和令と寛永令を読んだ。次回は禁中並公家諸法度を読むところから。「徳川時代の京都」がはじまります。

 こちらの次回は、10月20日(火)午後0時30分から(1時40分まで)。場所は同じく、JR京都駅前のキャンパスプラザ京都5階第3・4演習室。どなたでもお越しください。参加費は変わらずワンコイン(500円)です。

 終了後は、NPO京都歴史地理同考会の理事会。もうすぐ総会がありますし、リーフレットをつくろうなんと話もあって、その打ち合わせ。「紀要」もまだ出せてないのに、リーフレットとは。いかんのだけど。

 そのあと某所でパソコン打つ。締め切りすぎたもの、直前のものいろいろある。なにか一つでも進めないと。

 夜は奥さんとおでかけ。

|

« 石碑解説文を書き日本史研究会大会に遅れる | トップページ | 鞆の浦訴訟、県が控訴 »