« 近江の環濠集落と高地性集落を語る | トップページ | また龍馬の講演をします »

2009.10.23

信長と光格天皇と龍馬とあそぶ

10/22(木)はれ

 平安京誕生日。「日本紀略」所収「日本後紀」ダイジェストによると、本日、桓武天皇の車駕が新京に入った。これが平安京誕生日と認められ、毎年時代祭が行われている。

 午前中、いつもの「江戸時代京都観光モデルコースをいく」。大徳寺を参拝。特別公開中の総見院をおまいり。

 午後1時すぎ、烏丸丸太町付近で時代祭行列にあたる。おどろいた。

 1時半から、京都新聞文化センターの巡検。光格天皇の旧蹟めぐりをする。誕生地の閑院宮邸跡→内裏→慮山寺(父典仁親王陵)

 時間があまれば、光格天皇の行幸地である聖護院に行き、そこから新内裏への還幸ルートを歩くつもりだったが、タイムオーバー。できなかった。

 夜は旧太秦村字安井で、三宅日記輪読会に参加。1922年(大正11)8月12日から21日まで読む。八幡市教育委員会竹中友里代さん、府立総合資料館松田万智子さんからあいかわらず、いろいろまなぶ。

 そのあと、木屋町六角「龍馬」に行き、上洛中の桐野作人さんとお目にかかる。京都国立博物館の宮川禎一考古室長もおられ、歓談。こちらからも有意義な情報をえる。

|

« 近江の環濠集落と高地性集落を語る | トップページ | また龍馬の講演をします »