« 少し気楽 | トップページ | 上越市で聚楽城に会う »

2009.09.21

京都市教育会建立碑と龍馬を語る

9/20(日)はれ

 午前中、嵯峨野学藝倶楽部に出講。いつものように最初は、中村武生のひとりごと。上越市でみつかった「聚楽城図屏風」について思うことを話す。30分も。いいたいことがたくさんあるのだ。

 本題は、京都市教育会建立の石碑。今日が第1回。しばらく続けます。年内は。

 夕方は京都駅前のキャンパスプラザで「龍馬カンパニー」の講座に出講。いつも以上に質問が多かった。なぜ薩長同盟は日本史上で意義深いのか、というご質問はなかなかだった。

 参加者の来られた地域が実に多彩なだった。遠いところでは埼玉県、岡山県、高知県からお越し。ありがたいことである。

 終了後は、すこしだけ「龍馬」で懇親。

 あわてて帰って、用意をして、再び京都駅へむかう。

 上越市へ行くのだ。高速バスで。

|

« 少し気楽 | トップページ | 上越市で聚楽城に会う »