« 内裏・公家町をあるいて江戸日記を読んで三宅日記も読んだ | トップページ | 少し気楽 »

2009.09.19

【講座】関ケ原合戦を読み直す

最近の関ケ原合戦論について、神戸市JR・阪急三宮駅前でで講座をいたします。よろしければお越しください。

関ヶ原合戦を読み直す―大河ドラマ「天地人」をよりよく知るために

    伏見城落城―秀吉の死から三成挙兵まで

    家康はなぜ江戸で動かなかったのか―小山会議の誤解

    大津城攻め―北政所ねいと淀殿は対立していたのか

    関ヶ原合戦勃発―家康は何をおそれていたか

    石田三成の捕縛と最期―伝説を実証する

 歴史好きでなくても日本人なら誰でも知っている関ヶ原の合戦。最近、常識をくつがえす研究があいついでいます。石田三成・徳川家康・北政所・淀殿などの意外な実像を、平易な語り口で紹介します。NHK大河ドラマ「天地人」の主人公、直江兼続や上杉景勝の理解を助けます。

講師:中村武生(歴史地理史学者/京都女子大学非常勤講師)

日時:2009年10月からの第1木曜日 午後1時30分~3時

受講料:10,500円(5回分)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

問い合わせ・お申し込みは、

 主催:神戸新聞文化センタ三宮KCC 
 〒651-0096
 神戸市中央区雲井通7丁目11

              ミント神戸17F
        TEL  078-265-1100

|

« 内裏・公家町をあるいて江戸日記を読んで三宅日記も読んだ | トップページ | 少し気楽 »