« 直江兼続ゆかりの石清水八幡宮滝本坊跡に立った | トップページ | 僕所蔵の江戸日記を読みだした »

2009.08.06

【シンポ】京都の花街の現在と未来を考える

 京都の花街のシンポジウムのお知らせです。

 僕もかかわっている、花街文化研究会のメンバーも参加します。

 興味深い内容と思います。

 ぜひご参加ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2回 京都創生花街シンポジウム

『京の花街 ひと・わざ・まち ―歌舞練場から花街の現状と未来を考える―』 

                   ご案内        

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇開催にあたり

 「花街(かがい)」は歴史的に多くの文化を創造し、また今日に伝え続けてい

ます。

 20083月に京都創生シンポジウム「<京都発>花街の文化とまちづくり」が

開かれ、このような花街の文化の多様性について議論されました。これを発展

させて刊行したのが『京の花街 ひと・わざ・まち』(日本評論社)です。

これを機に、ますますの花街の文化が発展し、また花街文化の研究が進めら

れますことを祈念し、『京の花街 ひと・わざ・まち』刊行記念シンポジウムならび

に記念会を開催する運びとなりました。

 花街についての理解を深めて頂くことに加え、その未来につても考えていただ

ける、貴重な機会にあんることと思います。ぜひ、お気軽にお越しください。

  第一部となるシンポジウムでは、執筆者による討議だけでなく、花街の宴会

等で演奏を担当する「地方(じかた)」にスポットをあて、出版にご協力いただい

た先斗町の芸妓・もみ鶴さんにお座敷唄の演奏を披露していただきます。第二

部の記念会では、花街の未来をご参加の皆様と語り合いたいと思います。また

、もみ鶴さんに加え、出版にご協力いただいた上七軒の芸妓・勝喜代さん、宮

川町の芸妓・美代治さんにもお越しいただき、舞の披露を予定しております。

◇日時

 2009815()

      第一部 13:30開場/14:00開演(1630終演予定)

      第二部 16:30受付/1700開会(1900閉会予定)

◇場所

 京都コンサートホール((第一部:ムラタホール/第二部:1階エントランス)

 〒606-0823 京都市左京区下鴨半木町1番地の26

 http://www.kyoto-ongeibun.jp/kyotoconcerthall/

◇参加費

 第一部:無料(事前申込不要)/第二部:有料(8,000*要事前申込)

URLhttp://www.ren-produce.com/kagai-sympo2/index.html

――――――――――――――――――――――――――――――――

◆第一部

2回京都創生花街シンポジウム

『京の花街 ひと・わざ・まち -歌舞練場から花街の現状と未来を考える-』

◆内容

 『京の花街 ひと・わざ・まち』の執筆者が執筆を通して見えてきた花街の現

状と問題点について、今回は<歌舞練場>に焦点を当てながら語りあいます。

 さらに、『京の花街 ひと・わざ・まち』にも登場いただいた、先斗町の地方(

じたか)・もみ鶴さんをお招きし演奏をお楽しみいただくと共に、地方(じかた)

の現状について、お話を伺います。

--------------------------------

◆第二部

太田達・平竹耕三編著『京の花街 ひと・わざ・まち』出版記念会

◆内容

『京の花街 ひと・わざ・まち』の刊行を記念し、執筆者とともに、花街の現状や

未来を語り合いませんか。出版に協力いただいた芸妓さんや舞妓さんによる、

舞の披露も予定しております。

◆会費 8,000円(要事前申込)

 *軽食をご用意しております。

 *太田達・平竹耕三編著『京の花街 ひと・わざ・まち』を1冊贈呈いたします。

◆お申込方法

 E-mailまたはFAXにて下記までお申し込みください。(※第二部のみ)

─────────────────────―─────────

◆お問い合わせ先

 『京の花街 ひと・わざ・まち』出版記念会事務局

 [花街文化研究会 内]

 Tel: 090-6808-0453 Fax: 075-864-9700

 E-mail: kagai@ren-produce.com

───────────────────────────────

|

« 直江兼続ゆかりの石清水八幡宮滝本坊跡に立った | トップページ | 僕所蔵の江戸日記を読みだした »