« 長曽我部盛親の京都出発 | トップページ | ついに江戸日記の年代わかる »

2009.08.20

【見学会】直江兼続のみた洛中洛外をあるく

 「直江兼続のみた洛中洛外」を見てあるく以下の講座があります。ぜひご参加ください。

 聚楽城・伏見城の武家地をあるく、直江兼続ゆかりの日帰りの旅

【予定コース】中日ビル前(午前8時、名古屋市・栄)⇒(バスで高速道路)⇒聚楽城武家地跡(直江兼続亭跡推定地、上杉景勝亭跡、千利休亭跡など)⇒昼食(京都国際ホテル内「ほり川」)⇒伏見城下町(直江兼続ゆかりの惣構の土塁、毛利輝元亭跡、伊達政宗亭跡、山内一豊亭跡、御香宮など)⇒(バスで高速道路)⇒中日ビル前(午後7時)

【講師】中村武生(歴史地理史学者、京都女子大学非常勤講師)※集合場所から同伴し車内でコース解説をいたします

【日程】2009年10月4日(日)

【費用】15,000円(中日文化センター会員は、14,500円)

【企画】中日新聞グループ中日旅行会(052-231-0800)http://www.chunichi-tour.co.jp/

|

« 長曽我部盛親の京都出発 | トップページ | ついに江戸日記の年代わかる »