« 忙しいことに疲れたので考え事をした | トップページ | 名古屋でかっこいい桂小五郎の「残念」な部分を紹介し、泉州堺へ行く »

2009.08.01

新選組屋敷の建物と山田邦和博士とかなり近い親戚

7/31(金)はれ

 金曜日だから、京都新聞朝刊(市民版)にいつもの「中村武生さんとあるく洛中洛外」が載っていた。今月は金曜日が5週あるので本来は休みなのだが、好評のため今週も掲載された。

 新選組の洛中屋敷のうち、いわゆる「不動堂村屋敷」と西本願寺屋敷について、述べた。

 土方歳三がいう旅宿「西本願寺講堂」(慶応元年(1865)3月1日付、佐藤彦五郎宛書翰)とは、旧西本願寺北集会所(現亀山本徳寺本堂(兵庫県姫路市))でいいのかと、問題視した。

 それはまあいいのだ。

 6面の「私論公論」コーナーをみると、山田邦和博士の「天皇陵研究の新時代へ」という玉稿が載っていた。天皇陵公開(発掘ではない)の意義を、明治天皇陵(伏見城跡)などご自身の経験を事例に語られたものであった。

 同日の新聞内に山田博士と共存していたわけだ。名誉なことだ。

 ちなみにテレビ欄にはとても近しい親戚の作品紹介もあり、記念すべき新聞になった。

|

« 忙しいことに疲れたので考え事をした | トップページ | 名古屋でかっこいい桂小五郎の「残念」な部分を紹介し、泉州堺へ行く »