« 名古屋でかっこいい桂小五郎の「残念」な部分を紹介し、泉州堺へ行く | トップページ | 【シンポ】京都の花街の現在と未来を考える »

2009.08.06

直江兼続ゆかりの石清水八幡宮滝本坊跡に立った

8/3(月)はれ

P4280033

 「基礎からまなぶ日本歴史」恒例の月例巡検の日。

 今回は石清水八幡宮へ。上杉景勝(や直江兼続)がはじめて上洛した天正14年(1586)、さまざまなところへ行った。

  そのひとつが石清水八幡宮である。上洛日記によると、滝本坊に入ったらしい。その地にたつために来た。原文は以下。

(前略)(六月)十八日、従大坂御上洛。石清水八幡宮へ御社参。於滝本坊御振舞有之。深更御京着候事。翌十九六条ニ御坐候 (後略)

(「天正十四年上洛日帳」(東京大学史料編纂所蔵。同所のサイトのデータベースで読めます) 

【現代語訳】6月18日、大坂より京都へ上がられた。(途中)石清水八幡宮へ御参りをされた。滝本坊において御振る舞いがあった。深夜に京都へ着かれた。翌19日は六条本国寺におられた。

 その跡地には、いつもの「三宅安兵衛遺志」碑が建っているが、驚くほど荒れている。大河ドラマに便乗しようとしない、石清水八幡宮の欲のなさに感心する。ほめているわけではないのだが

 山内に山ほど建っている三宅碑をみまくり、古城跡さながらの崩れ落ちた坊(寺)跡の石垣に哀愁を感じた。石清水の参拝ぐらいしたことがある人ばかりだったが、こんな見学はなかなかなさらないようだ。けっこうウケた。

|

« 名古屋でかっこいい桂小五郎の「残念」な部分を紹介し、泉州堺へ行く | トップページ | 【シンポ】京都の花街の現在と未来を考える »