« 池田屋事件になやむ | トップページ | 石田三成の死刑を追いかけ、池田屋再開に立ち会った »

2009.07.05

池田屋事件直前の西郷隆盛の手紙を読んだ

7/4(土)はれ

 名古屋の栄中日文化センターに出講。

 「幕末志士の手紙をよむ」の4回目。今回は西郷隆盛。

 まずは慶応2年(1866)12月29日付、3日前に西郷隆盛の家臣琉仲祐(徳之島仲祐)が京都で病死した。それをいたんだ書翰を読んだ。

 西郷は一般に「いい人」イメージがある。イメージではなく、実際に「この人なら、人はついて行きたくなるなあ」と僕が初めて思った忘れられないもの。

 なおこの琉仲祐の死を、新選組土方歳三が殺害したと記すものがあるが、根拠を提示されたことはなく、信ずるにたらない話であろう。

 本書翰は『西郷隆盛全集』には入っていないようで、横山健堂『大西郷兄弟』(宮越太陽堂書房、1944年、276ページ)から引用した。

なお琉仲祐は、相国寺塔頭の林光院に埋葬されたようで、同地にいまも西郷自筆銘による思われる墓碑が残る。

 西郷の楷書の筆跡は、かわいらしい文字で特徴がある。ほかに西郷筆跡と伝わる、伏見区大黒寺の寺田屋事件戦死者墓碑銘や、東山区東福寺即宗院の戊辰役戦死者墓碑銘も同じである。まちがいなかろう。

 カラーでクリアーな写真が、木村幸比古氏『京都幕末維新かくれ史跡を歩く』(淡交社、2005年、16ページ)に掲載されている。ご参照ください。

 この墓碑以外にも、西郷は、薩摩の西郷家先祖墓地にも琉仲祐の墓碑をつくっている。なんと家臣思いか。書翰内容とセットで感動できるはなしだ。

 話がながくなりすぎた。ほかには、いまの僕の関心から、池田屋事件直前の京都からの西郷の手紙を読んだ。でも時間が全然足らず、かなり中途半端に終わった。

 事件直後に中村半次郎を長州屋敷にスパイとして送り込んだことを記した書翰(元治元年6月14日付大久保利通宛、全集1巻317ページ)も読みたかったが、残念だった(書翰の存在は桐野作人さんから先日教示をうけました)。

 今夜もいつもの「龍馬」に遊びにいかず、まっすぐ家に帰って、「池田屋事件」になやんだ。

|

« 池田屋事件になやむ | トップページ | 石田三成の死刑を追いかけ、池田屋再開に立ち会った »