« 豊臣秀頼は関白になれたかどうかを論ずる | トップページ | 幕末志士の書翰が難解だった模様 »

2009.07.24

直江兼続から龍馬へ移行しはじめる

7/23(木)はれ

 京都新聞文化センターに出講。「直江兼続のみた洛中洛外」の2回目。

 関ケ原合戦研究の最近の動向とか、史料にもとづいた小田原合戦とか(上杉景勝・直江兼続が参加)とか、伏見城研究のいまとか話す。やっぱり時間が足りなかった。

 終了後、Y田係長と10月からの新講座の打ち合わせをした。やっぱり「龍馬」である。

 最近、龍馬の仕事が確実に増えている。2004年の「新選組!」の比ではない。少しは世に知られたということか。

|

« 豊臣秀頼は関白になれたかどうかを論ずる | トップページ | 幕末志士の書翰が難解だった模様 »