« 特等席で祇園祭山鉾巡行をみた | トップページ | 超大物史料群、幕末京都土佐屋敷史料、高知県購入へ »

2009.07.19

【初講演】幕末史家町田明広氏登場

 友人、町田明広さん(幕末史家)の初講演会が、なんと京都であります。ふるってご参加ください。

 昨年の大河ドラマ「篤姫」で登場した島津久光を、あたらしい視点で論じたと評判の『島津久光=幕末政治の焦点』 (講談社選書メチエ) の著者です。

【講演案内】

町田明広の「知ってトクする幕末史講座」 

2009年725(
「東アジアにおける幕末維新期の思想と外交ー知られざる龍馬の対外認識!」


黒船はペリー来航からとされますが、実は寛政期のロシア船から始まりました。
この時期の対外交渉と、それに対する日本人の考え方を探ります。
坂本龍馬の対外認識も、勝海舟や近藤長次郎の征韓論や海援隊商法から解き明かします。

2009年927日(日)
「維新の主役・島津久光の登場 -幕末はここから始まった!」


幕末史の隠れたキーマン、島津久光は驚くほど知られていません。
西郷や大久保の陰に隠れた真の幕末の主人公、久光の生い立ちや側近体制、中央政局への登場までを、詳しく解説します。

時間12:30~13:40
【参加費】1,000円   
【定員】60
キャンパスプラザ京都5F34演習室
          
京都市下京区西洞院通塩小路 (JR京都駅ビッグカメラ前)

【主催】龍馬カンパニー(京都市中京区木屋町六角下ル都会館1階、「龍馬」内)

講師プロフィール
幕末史研究家

1962年、長野県生まれ
上智大学文学部・慶應大学文学部卒業、佛教大学文学研究科修士課程・同博士後期課程修了

博士(文学)。専攻は日本近代史(明治維新史)。

著書:

『島津久光=幕末政治の焦点』 (講談社選書メチエ) 。

主論文:

「文久三年中央政局における薩摩藩の動向について―818日政変を中心に」(日本史研究会『日本史研究』539号、2007年)

「幕末中央政局における朔平門外の変―その背景と影響について」(日本歴史学会『日本歴史』713号、2007)
「文久二年中央政局における近衛関白と薩摩藩の周旋について―四奸二嬪排斥運動を中心に―」(鷹陵史学会『鷹陵史学』34号、2008)

など

いずれも幕末の入門者からツウの方まで、満足いただける講座です。

|

« 特等席で祇園祭山鉾巡行をみた | トップページ | 超大物史料群、幕末京都土佐屋敷史料、高知県購入へ »