« 大坂冬の陣古戦場、惣構跡をあるく | トップページ | 祇園祭宵山の感慨 »

2009.07.14

大阪駅で号外配布に出くわす

7/13(月)はれ

 昨日につつぎ、大阪市内へ出張。

 今日はNHK文化センター大阪教室での講座。ここで「京都の江戸時代をあるく」を論じている。今回はミヤコの惣構こと御土居堀と寺町(寺丁)。あいかわらず、好き放題な話をさせていただいた。

 終了後、3人の方からサインを望まれた。ありがとうございます。そろそろサイン書きもなれないといけません。

 帰途、次の仕事を進めるため、帰宅を急ぐ。下手に大阪市内に滞在しているとビールを飲みたくなる。飲んではだめだ。仕事ができなくなる。

 午後3時すぎ、大阪駅で、号外をもっている人にきづく。「しめた、号外を配っているのではないか」。以前、書いたが、僕は号外コレクターである。もちろん日本屈指の新聞コレクターY名さんには及ぶべくもない。実にささやかなコレクターである。

 駅前でみつけた。朝日新聞だ。2部もらった。「総選挙8月30日」が決まったことを報じていた。裏返すと、裏はちがう記事だった。珍しい。だいたい裏は関連記事なのだが。「『脳死は人の死』成立」速報だった。

 実は号外を配っている人からもらったのは初めて。いつもはあとから人からもらうことが多い。1回だけ落ちているのをひらったことがある。

 うれしい日だった。

|

« 大坂冬の陣古戦場、惣構跡をあるく | トップページ | 祇園祭宵山の感慨 »