« 濃密な聚楽城大名屋敷跡めぐりをした | トップページ | 拝受『中世の都市―史料の魅力、日本とヨーロッパ』 »

2009.06.10

豊臣秀頼の右大臣辞任をどうみるか

6/9(火)はれ

 基礎からまなぶ日本歴史に出講。まだ関ヶ原の戦後処理のはなし。石田三成、小西行長、安国寺恵瓊、宇喜多秀家、島津義弘のその後のはなしをした。まだつづく。

 東京の歴史作家、桐野作人さん上洛を知る。夜、いつもの龍馬でHさんをまじえて歓談。相変わらずいろいろ教えていただいた。

 最近気になっている、関ヶ原以後の豊臣秀頼(とよとみのひでより)の評価。

 慶長12(1607)111日、秀頼は右大臣を辞している(公卿補任)これをどう理解するか。

 笠谷和比古さんは『関ヶ原合戦と大坂の陣』(吉川弘文館、2007年11月)でそれにまったくふれず、豊臣・徳川二重公議体制論を展開されている。

 これに悩んでいたが、桐野さんから魅力的な見解をいただいた。ありがとうございます。基礎歴史講座の受講のみなさん、きっとそのうちご紹介するでしょう。

 今日は少し池田屋事件論も進んだ。とてもいい日だった。

|

« 濃密な聚楽城大名屋敷跡めぐりをした | トップページ | 拝受『中世の都市―史料の魅力、日本とヨーロッパ』 »