« 乙訓の三宅碑から陵墓をへて龍馬論へ | トップページ | 龍馬の埋葬地は霊明社です »

2009.05.22

名古屋から帰ってきたら京都で感染が確認されていた

5/21(木)はれ

 名古屋・栄中日文化センターへ出講。

 昨日、滋賀県で新型インフルエンザ発症が報じられた。その滋賀県と大阪府にはさまれた京都から来たといったら妙にウケた。京都府内でもおそらく感染している。確認が遅れているだけ。時間の問題でしょうとのべた。

 まず「日本の城と合戦」。また「直江兼続のみた京都」を論じた。最近、かなり濃くなってきた。まだ濃くなるはず。

 つづいて「京都学ことはじめ」は、「京都」の範囲を論じる。江戸時代京都の出入り口約30ヶ所に建てられていた「是より洛中」標石のはなし。

 「ここから京都です。馬から降りて暴走しないように制御しなさい」といっている標石だが、これは効果があったのかどうかという点をもっと問題にしたかった。最近、効果がなかったのではないかと思えてきた。関連史料も集まり出しているのに。残念。 

 マスクを名古屋で多めに買っておこうと思った。京都で品切れだから。もしかしたら高く売れるかもと思っていたのに(冗談です)、買い忘れた。

 京都に帰ってきたら、府内で感染者が確認されたときかされる。すごい、予想があたった。いやいや、多くの方が見込んでおられただろうけど。

 20年来の友人Y君(男)が北海道から上洛。二年ぶりの再会。

 深夜、もう1人の20年来の友人Hさん(女)も駆けつける。三人揃うのは何年振りか。最後の記憶がない。15年にちかいのではないか。

 会場は、いつもの木屋町六角下ル「龍馬」。劇的な日に使わせていただけた。ありがとうございました。終始楽しそうにしていたそうです。

|

« 乙訓の三宅碑から陵墓をへて龍馬論へ | トップページ | 龍馬の埋葬地は霊明社です »