« 主碑と副碑の銘を公開します | トップページ | 京都新聞に載りました/直江兼続の聚楽屋敷跡道標 »

2009.05.11

豊臣大坂大名屋敷跡をあるいた

5/10(日)はれ

 よみうり文化センター大阪教室の巡検で、大阪市中央区玉造に行く。

 豊臣期大坂城の大名屋敷跡をあるくもの。

 今回の事前学習できづいたこと。豊臣三都(京都・伏見・大坂)のなかで、もっとも大名屋敷研究が進んでいないのが大坂ではないか。

 逆にとても進んでいるのは伏見である(『豊臣秀吉と京都』所収の森島康雄氏、山田邦和氏論文と、『政権都市』所収の拙稿を参照)。 

こんなコースを行きました。

JR玉造駅→①前田利家・利長亭跡(付鍋島亭跡・島津亭跡)→②前波()勝秀(半入)亭跡→③宇喜多秀家亭跡→④細川忠興亭跡→⑤浅野幸長亭跡→⑥豊臣秀次亭跡→⑦佐竹義宣亭跡→⑧石田三成亭跡→⑨京橋口・豊臣期大坂城石垣→京阪天満橋駅

 ⑥と⑦のみ発掘調査の成果があり実証性が高い。

 

 あとは櫻井成廣氏『豊臣秀吉の居城―大阪城編』の成果に依存した。

 

 が、これはほとんど地名と後世の編さん史料(いわゆる二次史料)のみに依拠しているので、どこまで事実かよくわからない。この実証が今後の課題である。

 大坂あるきをしているのに、京都(聚楽城)や伏見の話題を多くした。

 

 そちらのほうが詳しいからだけれど、知らず知らず大名屋敷・豊臣三都比較論になっていて、個人的には充実していたような気がした。

|

« 主碑と副碑の銘を公開します | トップページ | 京都新聞に載りました/直江兼続の聚楽屋敷跡道標 »