« 直江兼続・上杉景勝の聚楽屋敷跡道標、除幕した | トップページ | 豊臣大坂大名屋敷跡をあるいた »

2009.05.10

主碑と副碑の銘を公開します

 昨日、除幕しました碑銘を公開します。かわいがってやってください。

 

(主碑銘)                                          

() 此南 聚楽城 武家地 直江兼続屋敷跡推定地

() 此北 聚楽城 武家地 上杉景勝屋敷跡推定地

() 平安京左京二条二坊八町 春宮坊 東宮町跡

()二〇〇九年五月 特定非営利活動法人京都歴史地理同考会 建之

寄贈者 山科区中在寺町 近藤光成

(副碑銘)

当地は平安京の表記では、左京二条二坊八町にあたる。

『拾芥抄』によれば、皇太子の事務を行う春宮坊の役人の住む町(東宮町)だった。

平安後期の承保4年(1077)9月、春宮権亮源師忠の母が住んでいたことが分かっている(『水左記』)

応仁の乱の戦禍によって首都京都は一旦壊滅したが、天下統一を進める豊臣秀吉(とよとみのひでよし)によって近世都市として甦った。

その中心は、居城聚楽城と武家地(大名屋敷地区)である。

当地付近もその範囲に含まれ、北国大名の上杉景勝、およびその重臣直江兼続の屋敷が営まれたと思われる。

直江兼続は、秀吉からみれば陪臣にあたるが、上杉景勝と同様に豊臣姓を賜るなど優遇された。

「上杉年譜」によれば、天正17年(1589)、上洛した出羽国(現山形県)の大名、大宝寺千勝丸(のち義勝)が直江兼続屋敷を旅館に使用したとあり、洛中に同屋敷は確実に存在した。

その位置は不明であるが、江戸中期の宝暦12(1762)刊行の『京町鑑』は、当地の南隣の「直家町」を直江屋敷跡と伝承する。

江戸初期に描かれた「京都図屏風」をみれば、当町はもと「なおい町」だった。

兼続屋敷跡の重要参考地といえる。

 上杉景勝屋敷は天正16(1588)に得た一条戻橋西入ルの地が知られるが、「輝元公上洛日記」によると、同じ頃、聚楽城の東南方向の毛利輝元屋敷の右側に宇喜多秀家屋敷があり、左側には上杉屋敷もあった。

 これは一条戻橋屋敷ではありえない。

現「浮田町」・「森中町」をそれぞれ宇喜多・毛利両屋敷の遺称地と推定できるため、その東隣地で当地北向かいの「長尾町」が、上杉屋敷跡(長尾は旧名字)に比定される。

すると先にふれた「直家町」(兼続屋敷推定地)と「長尾町」が近接することに気づかれる。

 景勝・兼続の深い関係を鑑みれば十分ありえることだろう。

歴史地理史学者 中村武生

|

« 直江兼続・上杉景勝の聚楽屋敷跡道標、除幕した | トップページ | 豊臣大坂大名屋敷跡をあるいた »