« また旧友集まる | トップページ | 山田邦和博士『京都都市史の研究』に感激した »

2009.05.27

近江の40万年前のトウヨウゾウの出土地をあるいた

5/25(月)はれ

Dcf_1607

 基礎からまなぶ近江の歴史に出講。

 第二回目。旧石器時代のはなしをする予定だった。

 が、新型インフルエンザの影響で、会場が休館になった。会場が使えない。でも予約をとっていないから、休みですと伝えられない。来られた方に伝えるほかない。なんて迷惑なこと。

 が、それを「けがの功名」にした。

 こられたかたには事情を説明し、巡検(現地見学会)をすることにした。

 で、40万年前に生息した「トウヨウゾウ」の下あごの化石が江戸時代にみつかった場所に行くことにした。

 場所は、大津市伊香立南庄町。堅田の西郊外。

 文化元年(1804)11月8日のこと。当時はゾウの骨とは思えず、龍の骨と思った。

 みつけた人は、膳所本多家から「龍(りょう)」の苗字のほか、さまざまな特権をえた。帯刀、税免除、代官任命などなど。

 当時発見地には祟りをおそれて、祠がつくられた。「伏龍祠」とよばれた。後世に再建されたものが存在する。

 堅田駅からバスで南庄の旧集落へむかった。一時間に1本しかない。うまいこと乗れた。

 めっちゃ楽しかった。バスはこの会の貸し切り状態だった。行きも帰りも。住民の方から、何しにこられた?こんなに人が来るなんて例がないからなどといわれた。

 来られなかった方、残念でしたね。本当に楽しかったです。

 当日の様子は、ブログ「龍馬と木屋町の日々」に多数の写真入りで詳報されています。↓

http://kyoto-ryoma.jp/blog/index.php

 なお南庄の「龍骨」については、松岡長一郎氏『近江の龍骨』(サンライズ印刷出版部、1997年)に詳しいです。

|

« また旧友集まる | トップページ | 山田邦和博士『京都都市史の研究』に感激した »