« NHK「歴史秘話ヒストリア」の撮影があった | トップページ | 江戸時代毛利・島津屋敷跡、豊臣期石田屋敷跡などをあるく »

2009.04.14

大坂城下町惣構跡をあるいた

4/12(日)はれ

Dcf_1536_2 

 よみうり文化センター天満校に出講。大阪・天満である。

 カルチャースクールはこれまで、名古屋と京都だけだったが、ついに大阪に進出することになった。しかも一度にふたつも。上記よみうりとNHK文化センターである。

 NHK文化センターは大阪市内で講義するが、タイトルは「京都の江戸時代を歩く」である。巡検も京都市内である。

 が、よみうり天満は、古地図を片手に大阪をあるくものである。初である。

 その第1回は大坂城下町の武家地(大名屋敷)跡をあるく、2回目は大坂城下町の惣構(そうがまえ。外堀)跡をあるく、3回目は幕末志士の大坂をあるく、である。それぞれに巡検が1回ついてくる。

 で、教室講義が終わったのち、ひとりで下見にいった。

 有名な「空堀商店街」にいった。惣構(そうがまえ)の南端にあたる。商店街の道路の南側に東西につづくくぼ地がある(写真)。

 それが堀跡らしい(高田徹氏「太閤秀吉の大坂城」歴史群像シリーズ、城と城下町2『大坂・大阪―変遷を古地図・古写真で追う』、学研、2008年5月、10-11頁)。

 北側にもくぼ地があることを考えると、道路が土塁の基底部だろう。よくぞこんなものが残っている。石碑も解説板もなにもない。ここもか。

 東のJR環状線玉造駅にむかって歩いて行った。途中「真田山」にぶつかった。真田信繁(いわゆる幸村)の出丸の遺構である。大坂冬の陣図屏風でおなじみの場所。NHKドラマ「真田太平記」の草刈正雄さんの雄姿がうかんでしかたがなかった。いかん。

 これまでどれだけ話題にしてきたか。なのに今日初めて歩いた。ここは北海道や沖縄ではない。大阪市内である。なんという怠慢。

 明日はNHK文化センター大阪校に出講である。また大阪市内にくる。明日も終わってから城下町跡を歩こう。

|

« NHK「歴史秘話ヒストリア」の撮影があった | トップページ | 江戸時代毛利・島津屋敷跡、豊臣期石田屋敷跡などをあるく »