« 五稜郭の戦いと江戸時代の観光論を語る | トップページ | 博士になられる町田明広氏 »

2009.03.22

祝日なのにくずし字に出講して京都の史学史をまなぶ

3/20(金・祝)はれ

 祝日なのに、「くずし字入門」があった。誰のせいでもない僕のせいである。

 休めばよかったと思う反面、祝日だからなのだろうなということがあった。新しい方が3人こられた。

 「基礎から学ぶ日本歴史」でもいわれることだが、仕事をしているので平日は来にくい由。そういう方には、今日行なってよかった。

 終了後、Y田K和博士邸へ急ぐ。平安京・京都研究集会の準備会があったのだ。

 近代京都の歴史研究史のようなシンポジウムが行われる。京都の史蹟論も専攻している立場から、とても興味深い内容だった。六月最終日曜日に行われる予定です。

 終了後、いつもの木屋町六角下ル「龍馬」に寄って、お店の経営に入れ知恵を少しして帰る。家に帰ってそれをいうと、「おまえは店のオーナーか」みたいにいわれる。なるほど。そういえば。だって繁盛してほしいもの。

 「龍馬」はこちら→http://kyoto-ryoma.jp/blog/index.php 

|

« 五稜郭の戦いと江戸時代の観光論を語る | トップページ | 博士になられる町田明広氏 »