« 御土居堀をあるいて龍馬にたどりつく | トップページ | 山崎合戦の舞台地をあるいた »

2009.02.02

鷹峯「有明」の最後に立ち会えた

1/31(土)夕方から京都雨にきづく

 名古屋の栄中日文化センターに出講。「新選組、土方歳三と沖田総司の手紙をよむ」の4回目。

 慶応元年(1865)のものばかり読む。

 長州征討のはなしばっかり。土方歳三の手紙に色濃く出る、現実政治のなかの新選組の位置。政治には関心がなく、ただ組織「新選組」をつくることにしか関心がないような『燃えよ剣』『新選組血風録』イメージは事実ではない、という。

 ついでに読んだ井上源三郎の書翰もしかり。みな現実政治のなかで生きている。きづいてみればあたりまえのことだった。

 また受講者と懇親会をして、京都へもどる。雨がふっていた。驚いた。朝は降っていなかった。名古屋もさっき降っていなかった。

 木屋町六角下ルの龍馬に立ち寄り、ある「龍馬表(ひょう)」をつくってみせた。まだ途中だけれど。いつかお披露目できるだろう。

 夜、北区鷹峯旧土居町の「有明」(「オアシス」)に行く。本日が最後の日だから。ミヤコの惣構(そうがまえ)の北西角をのこすお店。

 このたび京都市に譲渡されることになった。それゆえの閉店。

 堀から土塁をながめる。ビールを飲みながら。これがもう最後。たくさん、たくさんの人だった。

 20年を回顧する。年をとった。いろいろありがとうございました。

|

« 御土居堀をあるいて龍馬にたどりつく | トップページ | 山崎合戦の舞台地をあるいた »