« 【講演】坂本龍馬と近江 | トップページ | 二条城と京都の城のはなしをした »

2009.02.26

家康が二条城で征夷大将軍になったという看板がなくなっていた

2/25(水)午前中あめ午後くもりのちはれ

 午後から二条城へ。町田市の朝日アウトドアの御一行をご案内。

 おどろいたことがあった。徳川家康は二条城で征夷大将軍になった、と記した解説板がなくなっていた。団体さん入り口に少し前まであったのだ。「まちがい指摘」の場所だったから、よく覚えている。

 いろんなところで書いたりしゃべってきたからなあ。伏見城です、二条城ではありませんって。どなたかが指摘されたのだろうか。

 それでもまだまだある。二条城の誤り。「ごまかし」が驚くほど散見される。すごいことだ。

 つづいて北野社へ。惣構(そうがまえ)の土塁(御土居)の解説をいたす。

 今日は梅花祭。なんという偶然。残念ながら僕らがいった時間には、もう舞妓芸妓はいなかった。D文字のおかあさんにはばったり会った。例年のごとく、北野をどりに誘っていただいた。

 これでお別れのはずだったのだが、依頼がありバスのなかで拙著にサインをしていたら、鹿苑寺に運ばれていた。なんの用意もしていなかったが、こちらの案内もした。

 二条木屋町の「がんこ」が夕食地。御誘いいただいたが、こちらはお断りし、木屋町六角の龍馬へ行く。予期せず原稿をかくはめになる。しようがない。

 まもなく日野市の新選組資料館の藤井和夫さんがおこし。歓談する。

|

« 【講演】坂本龍馬と近江 | トップページ | 二条城と京都の城のはなしをした »