« 直江兼続と上杉景勝の京都屋敷への建碑、また相談 | トップページ | 【シンポ】山科の地域活性化シンポジウム »

2009.02.17

尊卑分脈と吾妻鏡が各105円。

2/16(月)

 いつものように、ブックオフ某店にいく。

 国史大系『尊卑分脈』3巻と4巻があった。おどろいた。1冊105円だった。3巻の定価は7,200円である。とてもいかん。

 実はもっていなかった。3巻は源氏系図である。

 先日、山田邦和博士と六孫王神社の由緒に議論したとき、『尊卑分脈』に奇異なデータがあることを教えていただいた。そのうち図書館にみに行こうとおもっていた。それが105円でやってきたわけだ。呼ばれたにちがいない。

 『全訳吾妻鏡』1巻、2巻、4巻も、それぞれ1冊105円だった。とんでもないことだ。

 とにかく全部買い占めた。すでに持っているものもあったが、そんなことは知ったことではない。どうとでもなる。

 ブックオフ通いはやめられない。わかっていただけると思う。

|

« 直江兼続と上杉景勝の京都屋敷への建碑、また相談 | トップページ | 【シンポ】山科の地域活性化シンポジウム »