« 鷹峯「有明」の最後に立ち会えた | トップページ | 素敵な信長と秀吉をはなして上七軒でおばけを体感 »

2009.02.04

山崎合戦の舞台地をあるいた

2/3(火)あめ

 「基礎からまなぶ日本歴史」、ひさしぶりの巡検。

 山崎合戦の舞台をあるいた。

  午後1時、JR山崎駅に集合。雨なのに、わりとたくさんの人。雨かあ、今年は神通力がきかない。

 西国街道を進む。東黒門跡(勃発地)をとおり、久我畷へ折れ、主戦場の小泉川と河原をのぞく。ここに石碑がないのは信じられない。

 途中久我畷をはなれ、北上。光秀布陣の「御坊塚」(『太閤記』)とされる境野古墳群にのぼり、合戦場をのぞむ。みえない。

 光秀の本拠、勝龍寺城跡でトイレ休憩をもくろんだが、失敗。火曜日は定休日だった。よほどこの館とは相性があわないようだ。

 神足神社にのこる、勝龍寺城の立派な惣構(そうがまえ)の土塁・堀をながめて、午後3時半、JR長岡京駅に到着。

 京都駅にもどって有志と喫茶。おいしい紅茶をたくさん飲む。満喫。

 帰宅して、また原稿にむかう。最近けっこう仕事をしている。

 が、どれも進まない。勉強不足、はなはだしい。書き出すととまる。書こうと思っている内容が、理解できていないことにきづく。なやむ。

夕食、巻きずしだの、いわしだの、お吸い物だの、節分行事のごちそうが出る。ありがたいことだと、かなり思った。

|

« 鷹峯「有明」の最後に立ち会えた | トップページ | 素敵な信長と秀吉をはなして上七軒でおばけを体感 »