« 直江兼続のみた伏見をあるく | トップページ | 尊卑分脈と吾妻鏡が各105円。 »

2009.02.11

直江兼続と上杉景勝の京都屋敷への建碑、また相談

2/10(火)はれ

 基礎からまなぶ日本歴史に出講。また「直江兼続のみた伏見」から入る。ネタあんのか、という聴講者のつっこみをかわし、継続。

 本日は「秀吉の京都改造」のつづき。京中やしきがえ、御土居堀の構築のはなしなど。次回は鶴松の死、秀頼の誕生、秀次の滅亡、聚楽城の解体だな。

 終了後、たまたまNPOメンバーと喫茶。直江兼続と上杉景勝の京都邸(屋敷)跡への建碑のこと、相談。今週末、また一軒、土地所有者へお願いにあがる予定。

 さて喫茶店にこもって原稿執筆、と思っていたら、京都龍馬会のA尾さんから呼び出しを受け、木屋町六角の店舗に行く。また某所の建碑につき、ご相談を受ける。

 ひさしぶりの来店のため、おもわず長居してしまう。

|

« 直江兼続のみた伏見をあるく | トップページ | 尊卑分脈と吾妻鏡が各105円。 »