« 今年最初の史蹟調査 | トップページ | 新聞取材をうけ、新年会で呼吸困難になった »

2009.01.12

八幡の郷土史家による史蹟創出を論じた

1/11(日)はれ

 嵯峨野学藝倶楽部に出講。

 嵐山電鉄、満員。紅葉の時期でもないのに。途中、太秦広隆寺駅で大量に降りられる。何が、あったのか。

 講座内容「三宅清治郎建立碑からみた京都の史蹟」も折り返し地点にきた。

 八幡の郷土史家、西村芳次郎を取り上げた。事業の後半、西村によって多数の石碑が建立される。そこに西村の個性が入った。「場所の由緒」、とでもいうべきものがたりが創作された、と論ずる。

 熱が入りすぎて、30分もオーバーした。参加者、約15名。退出されることもなく。二次会のスマートでの軽食会も多くのご参加。今回は圧倒的に女性が多かった。

 夜、京都龍馬会の新年会に参加する。柳馬場三条下ルの晃庵で。昨年10月に「お龍の実家、楢崎家跡」標石を建てた場所だ。

 一昨日の京都新聞夕刊の一面にも取り上げられたばかり。儲かってもらわなければ。

|

« 今年最初の史蹟調査 | トップページ | 新聞取材をうけ、新年会で呼吸困難になった »