« 2009年の到来 | トップページ | 鹿児島の高城書房に感激したはなし »

2009.01.02

杉森哲也先生から高著・玉稿の恵贈をえた

1/1(祝・木)

 年末、杉森哲也先生(放送大学)から、以下の玉稿・高著の恵贈をえた。

 ①杉森哲也「近世京都六条村文書について―香川大学附属図書館所蔵『神原文庫』所収史料から―」(『部落問題研究』第183号、2007年12月)

 ②草光俊雄・五味文彦・杉森哲也『歴史と人間』放送大学、2008年3月

 実は、杉森哲也先生にお目にかかったことはない。

 が、都市史研究の上で成果をまなばせていただいていること、日本史研究会編『豊臣秀吉と京都』(文理閣、2001年)で共同執筆者だったこと、同先生著『近世京都の都市と社会』(東京大学出版会、2008年8月、37ページ)などに、僕の研究を紹介くださったことなどから、感謝をこめてこのたび拙著をお送りした。その御礼であった。

 ①は京都の惣構、御土居堀関係史料が収録されており、たいへんありがたかった。

 ②は放送大学の教科書で、手に入れにくいものだった。天正少年遣欧使節などを題材に、初学者に歴史の学び方を平易にまとめてあり、勉強になった。

 ありがとうございます。感謝申し上げます。

|

« 2009年の到来 | トップページ | 鹿児島の高城書房に感激したはなし »