« 京都新聞に大きく載った | トップページ | 次の日も新聞に紹介記事が載った »

2009.01.20

山科は京都とちがうと叫ぶ

1/18(日)くもりのち雨

 山科醍醐こどものひろばに出講。また小学生に歴史をかたる修行のお時間。

 山科は京都とちがうで、「山科」やで。山科の西にある山を「東山」いうたらあかん、「西野山」といおう。東山は京都側からの名前や、山科の君らは「西野山」です、山科区西野山という地名はそういう意味や、という。わかってもらえたか。

 稲荷山を山科側から登山して、伏見稲荷社に参拝する。

 大石内蔵助旧蹟の道標とか、神奈備のこととか話す。寒かったので、気遣いしてあまり伝えられず。むずかしいなあ。荷田春満のことや風土記の記載のこととか、全然伝えられなかった。何のための出講か。

 夕方、寺子屋龍馬に出講。「小松帯刀と龍馬」。雨の中、ご参加ありがとうございました。つたない話を聞いてくださりました。吉井幸輔(友実)と龍馬の関係のふかさを訴えた。2010年の大河「龍馬伝」で、ぜひ吉井幸輔に大きな役割を与えてほしい。

 「龍馬伝」を意識して生きている。その思いも伝えたつもり。

|

« 京都新聞に大きく載った | トップページ | 次の日も新聞に紹介記事が載った »